子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

信長の野望・天道

2012.04.30 (Mon)
nobunagaten00.jpg

戦国時代をテーマとした歴史SLGの代名詞、信長の野望シリーズ。
一枚マップの元、リアルタイム制とターン制の利点を融合させた。
ゲーム内の時間はリアルタイムで経過するため
内政や合戦、人事これら全て同時に行われる。
前作の革新を踏襲したため斬新なシステムでこそ無いものの、
マンネリと言われ続ける信長を改良しようとする試みは評価出来る。
本作はその名の通り、日本各地を道で結び、他大名より先んじて
物流を制して町を発展させシェア日本一を目指す、、、あれ?

最初は道をわざわざ作成するなんて、やっちまったなと思った。
だってこれ、RPGで例えるとレベル1からのスタートじゃなく、
レベル0からのスタートだからね。
でも実際やってみると拠点を制圧して道を整備するのが楽しかったりw
城のどこから道敷けば他の施設に引っかからないように
国境まで行けるかとか工夫したり思考錯誤したりで気分は官僚。
敷設、撤去、敷設、撤去、抜け道作成、フヒッフヒヒw
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
nobunagaten01.jpg
<タグ>武将 顔グラ 金山
基本的に内政もこれくらいの自由度が一番良い。
占領した集落や施設はリセットされるため
それを再興させる政治能力の重要性が高いし、
技術は施設ごとに自由に設定出来るから
前作のように学舎だらけの町になるようなことも無い。

軍団がある程度の規模になっても兵力動員で米はかなり消費するし
築城もや研究も敷居は革新より下がったものの、
その費用は大幅に値上げされてるので
最後まで内政をいい加減に出来ないバランスは良いと思う。
下位施設と上位施設の費用対効果も調整されてる。
この部分は明らかに前作より進化してると思う。

nobunagaten02.jpg

ただ、合戦が微妙で、数部隊が同じマス目にかぶって進軍するため
城付近や狭い場所に複数の部隊が攻め入ると、
一体誰の兵数がどれだけで、相手が誰なのか把握し難い。
上の画像は、実は秀吉と勝家が重なってしまっている。
そして包囲のシステムもなんとかして欲しい。
本来は力攻めだと被害が大きすぎるから包囲するはずなのに
本作だと城を壊さずに済むというメリットしかない。

nobunagaten03.jpg

武将の能力値は統率、武勇、知略、政治からなる。
やはり能力値の高い武将は強力な戦法を持つが
中には今一つ効果が実感出来ないものも。
ちなみに上記の理由から政治の高さがかなり重要で
なぜか武将の探索や登用も政治の高さが影響する。

逆に知謀はCPUが外交にほとんど応じなかったり、
基本的に三人一部隊となる合戦ではそれほど重要じゃない。
むしろ智謀80台がいても足止めは普通に喰らうから無意味。
なんかCPUのチートっぽい気がするんだが…
まぁ前作のように部隊を何度も行ったり来たりさせる、
虚報ドリフは無いからそこまで意識しなくても良い気がするね。

nobunagaten04.jpg

包囲網などCPUに有利なゲームシステムの為、難易度は高め。
従来のシステムの単純さ故に中盤以降弱さが露呈する信長で
それを打破した包囲網はMの俺は嫌いじゃない。
BGMがホラーみたいになり自国の領地に慟哭のホラ貝が鳴り響くw
つか、他大名でプレイした時、東北を制覇しただけで
一番というわけでもないのに包囲網出されたんだがww

そしてシリーズを通しておなじみの武田家の優遇っぷりだが、
本作では信玄と勝頼を除く武田家臣団の能力値は概ね下がっている。
織田家の秀吉と光秀に当たる完全無欠の
ナンバー2的ポジションが不在になっている感じ。

nobunagaten05.jpg

…とか思ったら、やっぱいつもの武田だった。
あり得ない速度で騎馬技術が上がり、連携率が半端ねぇ!
高坂昌信が総面姿に戻ってる時点で察するべきだったw
合戦で言えば武将の戦法や適性も見ておいた方が良い。
徳川家を救うことが出来なかったよorz…

意外と上杉家や本願寺家は領地が離れてるせいか伸び難いな。
謙信は柿崎景家と本庄繁長を引き連れると、
どこも手を出せないほどに連携して進軍しまくるけど、
防御に関しては紙だから周辺地域を行ったり来たりしている。
春日山城の立地が悪いのもあるんだろうが
まぁ合戦には強いが領土が増え難いのはむしろ上杉らしいか。

nobunagaten06.jpg

本作では仮想の人物設定に出来るモードもあり、
家康影武者説はまぁ良いとして、謙信女性説には笑った笑ったw
でもまぁこれはプレイヤーが有無を選択出来るんだから
叩くほどの要素にはならないと思う。
つか、端麗な女性が上杉家の猛将を率いるとか俺得。

また、このシリーズと言えば武将を作成できる新武将システムがあり
今までの流用数グラが多いとは言え、その数は非常に豊富。
でもまぁ俺はあまり武将作成はしないかなぁ。
本作に登場しない実在する武将を適度に作る程度。
全能力値90以上、イケメン顔の自分の名前の武将とか、
絶対に作ったりはしないからな、本当だぞ!

nobunagaten07.jpg

でも、なんか剛力彩芽に似てる姫武将いたから作成してみた。
兜までかぶって、やる気満々の剛力さん。
ドラマでもこれくらいこだわりを見せてほしいわ。

俺は信長の野望シリーズはSFCの武将風雲録から始めたんだけど
天下創世までは難易度が低く、あまりにパターン化しているので
古参ファンには悪いが昔の信長は言うほど
完成度の高いものではないと思っている。
ぶっちゃけIF(アイディアファクトリー)のSLGが流れを汲んでるよ。
昔の信長が好きな人はIFのゲーム買おうぜw

いや、冗談はさて置き、昔の信長も面白いのは面白いが、
最近の信長の方がSLGとしての完成度は明らかに上だなと個人的にね。
まぁ、ハマれば一年以上遊べるのが本来のコーエーのSLGの魅力だし。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
4
4
4
4
77
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)