子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

北斗無双

2011.04.29 (Fri)
hokutom00.jpg

パチスロからの北斗の拳の再々ブームにより、
その後は同人誌のようなスピンオフ作品が蔓延る中、
ユリアらしき人物が投身するムービーが話題をさらい、
満を持して北斗の拳と無双とのコラボが発表された。

北斗無双は無双と言うより普通のACTっぽい伝説編とは別に、
無双っぽい幻闘編なるモードがあって、
他の無双シリーズよりやってることに変化があるかもしれないけど
そこでまた無双と北斗の拳の世界観のズレが生じるところだな。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
hokutom01.jpg

一応原作でもケンシロウに味方する勢力はあったが、
いてもいなくても良いような感じだったし、
無双は大軍の楽しさみたいのも必要だけど
北斗無双はケンシロウと仲間が2、3人で全員をぶっ飛ばせば良い。
結局、ガンダム無双のような構図はあまり合わない。

瓦割りのヤラセ番組の如くヒビ割れた壁しか壊せないのは
ゲーム性を考えれば致し方ないことなのだろうが、
トゲの鎧を着こんだ敵に神拳が負けるとか誰得なの?
おかげで遠距離攻撃できるマミヤやジャギが凄く強く感じるんだけど。
敵のボウガン攻撃も威力的には驚異じゃないけど
目の前で撃たれるとお手玉されるから厄介なことこの上ない。

そして俺にはこのモッサリ感がやはり気になる…
このモッサリ感のせいで全体的な作業感が酷いなぁ…
キャラの挙動はあと1.5倍くらい速くていいかもしれない。
南斗キャラは何とか(死)使えるレベル。
シンやレイは使っていてストレスを感じないレベルではある。

hokutom02.jpg

散々言われているラオウとサウザーの声なんだけど、
俺はラオウの声に違和感はほとんど無かったんだが、
サウザーの声はイマイチだったかな。
なんかDQNっぽい感じで小物臭くなっちゃったね。
逆にシンやジャギ、シュウやフドウの声は良かった。
特にジャギ役の高木渉氏はハマり役と言って良い。
そして子安は誰を演じても子安。

hokutom03.jpg

マミヤはまぁ客寄せパンダみたいなモンで俺のように
ライト含めたエロオタ購買層にも強い。
脱衣だの四つんばい穴くぐりだののおかげもあってか
DLCでも圧倒的に売れたのがマミヤだったしな。
…俺もその一人だが。

総評すると、ゲーム性を重視するか原作を重視するか、
安定せずに両者共倒れになっちゃったね。
北斗の拳としても無双としても、中途半端にしかなってない。
ただ、北斗の拳のお約束であるザコ敵に対して
ジャンプ攻撃以外の強攻撃でとどめを刺させば
秘孔を突いた後の断末魔の部分も見事に表現されているし
mk2などの大手レビューサイトでの評価は高めなので、
あくまで一個人としてのレビューです。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
2
2
2
48
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)