子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

ソウルキャリバーV その1

2012.03.04 (Sun)
sc500.jpg

色々と話題になっているソウルキャリバー5買いますた。
とりあえず買う買う詐欺は回避です。
オープニングから察すると、4でナイトメアとソウルエッジを
封じたのはジークフリードになったっぽいね。
そんでまずはシナリオモードの前に、対戦モードで練習してみる。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
sc501.jpg
<タグ>ゲームプレイ日記
グラフィックだけど、前作とはさほど変わらないかも。
まぁ元々グラフィックは安定してレベルの高いシリーズだし、
前作同様にキャラクターの皮膚、服、髪の毛には
後光がさしているような表現がされていて煌びやか。
背景も実写っぽさとCGっぽさを
上手く融合した美しい物になっていると思う。

sc502.jpg

動きも滑らかになった上に、武器の重量感も感じられる作りなった。
これは挙動の重さという点で賛否両論分かれそうだけど、
元々キャラの動きが早いゲームだから
良い意味でも悪い意味でもそれほど評価の対象にはならないかな。

そんでBGMなんだけど、以前のソウルキャリバーは無駄に盛大で
ちょっとうるさい曲が多かったけど、
今回はそこら辺が良い意味で抑えられていると感じたね。
モード選択、キャラ選択、そしてキャラ選択後の
対戦直前の静かな曲が逆に緊張感と緊迫感を醸し出していて良い。

問題のシナリオだが、下書きのような一枚絵が大半で
これはどうにも評価し難い。

sc503.jpg

ただ、イラスト数は豊富なため、場面の切り替えが早く
フルボイスでやり取りするため飽きないと思う。
(一枚絵で1、2分の会話をダラダラ引っ張るゲームも多い)

どうやらシナリオはキャラ固定らしいね。
全キャラに用意されていないのが世間の批判らしいが、
まぁ本作は狭く深くって感じなのかな。

ゲーム序盤でヴォルドと戦ったが、戦闘後の説明が全く無かった。
おそらく単なる通行人的な役柄のキャラにされているってことかな。
うん、自分の好きな前作キャラがそれだったらショックかもなぁ…
ア、アイヴィーノデバンハ…((゚口゚;)))ソワソワ

sc504.jpg

ちなみにティラは物語に絡むっぽい。
今回セリフが多くてようやく気づいたけど、
ティラ役の浅野真澄さんの演技パネェ…
Wikiで調べたら知ってるゲームキャラの名前がたくさん出てきたよ。
声質を変えられるタイプの声優なんだな。

sc505.jpg

とりあえず、ソフィーティアの子供である、
メンヘラな姉ピュラとサイコパスの弟パトロクロスが再会しました。
…俺には明るい未来が見えません…

どうも占い師ヴィオラによると姉がイヴィル化しててヤバいらしいが
傍目から見ると弟も大概だと思うぞ。
つか、ヴィオラは明らかに元イヴィルだと思いますです。