子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

アントールドレジェンド ダークキングダム

2011.09.15 (Thu)
uldk00.jpg

洋ゲーお得意の見下ろし型ACT・RPG。
王国の精鋭部隊ドラゴンシェイドのメンバーの
ウォーリアー、スカウト、メイジの三人から一人を選択。
右端の呂布みたいなのは司令官。

実際の戦闘では、まず射撃などの遠距離攻撃を行い、
敵を弱らせてから接近戦に入るというのがセオリーらしいのだが、
本作ではそういった戦闘を上手くシミュレートしている。
魔法の他にもワンボタンで遠距離攻撃も可能。
敵を倒すことでHPやMPを回復することができる。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
uldk01.jpg
<タグ>ウナタカの勇剣
場所が変わると視点が勝手に変わるが、その場で調節できる。
敵とのエンカウントはほぼ定点であり、
敵の出現数も決まっているため、経験値稼ぎがやりにくい。
殺した敵は復活せず死んだら直前のクイックセーブに戻るだけ。
勿論、宝物も同様なため、アイテムやお金もほぼ有限。
また、期間限定イベントやシナリオ分岐は無く一本道。

上記の制限から、中盤から辛くなってくるんだが、
敵の弱点を覚え、コツを掴むと効率良く進めるようになる。
難易度設定もできるけど、自分にとって
難易度ノーマルはほんとに絶妙だったと思う。
(何度か詰みかかったけど)

uldk02.jpg

レベルアップで、能力値の上昇とスキルを自分で選べる。
レベルが上がると同時にHPとMPが全回復するのが地味にありがたい。
その後2ポイントを支給され6つの能力値に振り分ける。
攻撃を伸ばしていくか防御を伸ばすか。
そして好きなスキルをつけたり、強化していくのがレベルアップの流れ。

uldk03.jpg

シナリオは、あって無いような王道&お使い。
序盤から察する大方の予想通りで、特に魅力的なキャラもいない。
主人公がクエストをクリアすることでゲームが進行していくわけだが、
本編と各々のイベントの関連性が薄いため、
本筋から微妙にそらされている感がしないでもない。
さっきまで戦っていたクァグトロール(サハギンみたいなの)と
協力してアンデットを倒すなどなんだがよくわからない展開も。

uldk04.jpg

やや辛口なレビューになったけど、同時プレイも出来るし、
ダンジョンをひたすら潜って進んで、
奥に入り込んでいく感じが好きならば楽しめると思う。
逆を言えばいかに単調なものであるか感じてくると思うけど
このゲームの醍醐味はやはり敵を倒すことなんだなぁと。
BDシリーズやガントレット、ディアブロが好きな人向きかな。
逆にシステムは嫌いじゃないけど淡々とした展開に馴染めない人は
PS2以降のシャイニングフォースの方が楽しめるかと。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
3
2
3
55
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)