子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

ゴーストヴァイブレーション

2011.08.21 (Sun)
外国のホラーって、ドロドロした怖さではなくて、
お化け屋敷のようなドッキリ要素が多いんだけど、
このゲームもそういった類に入ると思う。
そんなわけで、あまり怖くないホラーゲームって印象だね。
まぁ俺はこの手のゲームは夜やらないってのもあるけど。
それとやっぱ、幽霊とゴーストは別物なんかな~と。
ゴーストって神秘性とかWizの影響でモンスターという印象が強い。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
ghostv00.jpg

…なかなか時代考証にこだわっているのに、
主人公達の顔や表情が海外アニメチックなのはご愛嬌。
俺はヒロインのアリッサの外見は嫌いじゃないぜ。
開発元は日本、洋ゲーじゃないのにそれっぽいのは発売元の名残か。

ghostv01.jpg

反射神経勝負と言った感じのゲーム性でゴーストを釣るゲーム。
タイミングを掴んで、スピアガンを発射。
徐々にゴーストのエネルギーを奪って封印する。
俺が子供の頃、ゴーストバスターズって
映画があったんだけど、まさにそれ。
…FCのゴーストバスターズはとんでもないクソゲーだったな。

ghostv02.jpg

グラフィックはPS2初期のゲームにしては良いね。
館も無人となって少し時間が経過した廃墟独自の退廃感が出ている。
また、安易な暗さと不気味さに頼ったゲームではないのも好印象。
探索要素は皆無で、前にしか進めない、
ガチガチの一本道進行なんだけど
俺はあんまり気にならなかったかな。
むしろ同じ場所に同じ展開で登場するゴーストの方が単調に感じた。

ghostv03.jpg

断片的とは言え、ゴーストにバックグラウンドが
何かしら用意されているので、
そこからいろいろ想像を膨らますことが出来て良かったし、
そういう所まで作りこんでいる所は好感が持てた。
好奇心とゴーストを捕獲したことで得られる情報が楽しい。

ただ、最初にクリアしてもシナリオ上で不透明な部分があり、
さらにバッドエンドに近いような展開になる。
ちなみに全てのゴーストを封印すればグッドエンドとなる。
色々な資料から自分で推測して欲しい、と言うのはわかるが
それでもゴーストからの情報を全て得ないとわからないってのは、
単なる繰り返しで、結構骨の折れる作業でしかないのは残念。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
2
3
3
56
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)