子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

まだ見ぬ勇者達へ

2016.11.06 (Sun)
何度か繰り返してるような記事になりますが
話題の乏しい俺が毎日新鮮取れ立ての記事をお届けするのは、
ひきこもりに対人スキルを要求するくらい、
無理なことなのでご了承ください。

ひきこもりの中にはブログを始めようとする気持ちはあるが
なかなか踏ん切りがつかない人はいたりするのかな。
俺は時間に余裕さえあれば、
ゲーム記事を延々と書き続けられるだろうけど
そうなったらもはや「ひきこもりは死ね」を
助長してしまうようなブログになってしまうだろうね。
まぁ今も大して変わらないのかもしれないけど…
でも、個人的にインドア派の人って文章力があるように感じるから
その才能を埋もれさせずにぜひともブログを始めてほしい。

勿論、ひきこもりにはネタの限界というものがある。
「今日は(も)何も書くような出来事はないので料理の話でもします」
困った時はこれだね、過去に俺もやった。
わりと検索にも強いし、某有名ゲームブロガーもやっている。
そのブロガーと違って俺には文才が無いからもうやらんけど。
まぁブログなんて他人がどう思うかなんて考えない方が良いね。
俺は無職になったらむしろ続けるつもりでいるし。
いや、だって「自分の働いて得たお金で何しようが勝手だろう」とw
正論には正論で論破可能なのですw

それとたまにアクセス解析を眺めて見るんだけど、結構興味深い。
ゲーム関連の検索は一日500件くらい検索されているんだけど
それよりも行く当てのない心の叫びを検索して
このブログにたどり着いた人達を勝手に戦友認定している。

人は誰かに存在を必要とされる時に幸せを感じるものだけど
言葉に出してくれる人ってあまりいないんだよね。
特に男性同士だとなかなかそういう話にはね。
自分の場合は会社の社長や上司に誉められるけど、
やっぱり誰かに認められるって凄いパワーになるね。
いやぁ、ほんと理想の良い上司達に恵まれて幸せだわ。
そういや学生の頃から先輩には恵まれていたな。
優しくて親切だったり、口下手な俺に構ってくれる先輩が多かった。

まぁ「事実は小説よりも奇なり」とは言ったもので
ガチのブログがネタ化したり、
ネタのブログがガチ(メンヘラ化)になることはあるので
ネット上ではそれほど他人に期待しない方が良いのではないかと。
いや、どこにでもいる社会人のおっさんでしかないのに、
閲覧者の反応が薄いことに腹を立てる人を見かけたことがあるんで。
私生活を書いて反響があるのは有名人だけですw
自分は単なる一般人であることを自覚しつつ、
変な下心を見せずに惰性で続けるくらいが一番良いと思う(´・ω・`)