子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

スーパーマリオサンシャイン

2011.07.10 (Sun)
msun00.jpg

スーパーマリオサンシャインは任天堂の本気を感じ取れる内容だが、
良作と惜作の評価に分かれるゲームのようだ。
このゲームをクリア(シャイン120個は無理)したのは大分昔だけど
ぶっちゃけスーパーマリオ64の正統な後継作というイメージだ。
例えばモンテマンはノコノコだしね。

まぁ、マリオシリーズが絶対的に最高なんて風潮は無いと思うから
別に評価が微妙でもそれはそれで良いと思うんだがなぁ…
他社の新作ゲームが出るたびに
マリオを引き合いに出して貶すゲハ臭漂う任天堂信者さん達は、
もう少し自重してほしいですよね~、ゲームを愛する者として。
ゲームの善し悪しなんて完全に個人の趣向でしかないのにな。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
msun01.jpg
<タグ>新作 リメイク
さて、レビューに戻ると、本作はシャインとコインの収集要素が多く、
爽快感より達成感に重きを置いたゲームシステムになっている。
ポンプやヨッシーを使い、仕掛けを解く流れはゼルダに近い。
ただ、ポンプは自由度はあるが爽快感が無い上に作業的。
ポンプによりアクションの幅が広がるのではなくて
使わないと解けない仕掛けがあるから使うということが多い。
工夫して使うというより、使わせるだけだった誤魔化しに感じる。

せっかく登場したヨッシーは水に触れれば即死で、
ワンミスによる取り戻しが面倒なのが多い。
ヨッシーは移動手段でしかなく、むしろヨッシーがいなれば、
こんな面倒なステージ構成をされなかったのではと思わせる作り。

マリオシリーズの2以外はわりとすんなりクリア出来たのに
このゲームはかなり苦戦したから
自分の腕が衰えたのかと思い、悲観的になったことを思い出すな~…
後半の収集ミッションとカメラワークがほんとにキツいのよ。
意地悪でイライラさせるミッションが多く苦痛でしかない。
やればやるほど前作が神がかってたと思わせる内容。

msun02.jpg

俺は高所恐怖症のせいもあり、高所をゆっくり回転する
「おおすなどり」とか「ピンボール」では死にまくったな。
マリオが空中に投げ出される瞬間は軽く鬱になるくらいだったよw

msun03.jpg

「…オリマー?オリマーじゃないか!?」
勿論、評価できるところもあって、十年も昔のゲームでありながら
水のリアルさはPS3や360のゲームに匹敵するほど綺麗だと思う。
強い日差しによる濃い影、揺らめく陽炎に噴水。
マリオシリーズの中ではぶっちぎりで
今の季節にプレイしたいゲームとなっている。
まぁ俺が南国好きなだけかもだけどw

書いてて思ったんだけどマリオやリンクは近寄ると臭いんだろうな。
あんだけ水に浸かって自然乾燥に任せてるとか、
ゲームがリアルになったせいか、ふと思った…

msun04.jpg

そして本作のクッパの迫力は凄いよな~。
毒温泉に入っていて、遠距離攻撃しかしてこないのはアレだったけど…
マリオの身長は155センチだから、ピーチは175センチ前後ってとこか。
大まかに比較すると、本作のクッパ(クッパの身長は作品ごとに変化)は
全長40~50メートルくらいあるだろ。
クッパは妻にするためにピーチをさらったようだけど、
ピーチの○○○○にどうやって自分の○○○を○るんだよ(死)

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
5
3
2
3
3
62
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)