子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

マリオゴルフ ファミリーツアー

2013.08.04 (Sun)
mgft00.jpg

前に奇抜なゴルフゲームのケロケロキングのレビューをしたけど、
マリオゴルフもレビューしようと思う。
つか、今現在ファミリーツアー(GC)しか持ってねぇw
それにしてもマリオのスポーツものって本当に話題にならなくてワロタw
もう完全に、みんゴルこと、みんなのゴルフにその座を明け渡したが
マリオが登場するキャラゲー的な魅力は語り尽くせない。
マリオファミリー以外のキャラは登場しないけど、むしろそれで良い。
今だったらトチ狂って岩田とか出しそうだし。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
mgft01.jpg

64版やGB版は、いたって普通のゴルフコースが多かったが、
本作はピーチキャッスルやクッパワールドなど、
マリオ系のギミックが多く、それらしい作りで好感が持てる。
そしてキャラの打ち方にも個性があって良いね。

モードは豊富かつ、マリオならではの遊び心は健在で
パターだけで遊ぶパターゴルフは勿論、速さを競うスピードゴルフ、
コース上に浮かんでいるリングにボールを入れていくリングショット、
スロットで使用するクラブを指定するクラブスロット、
ステージ上に点在するコインを集めるコインショットと多彩。

mgft02.jpg

ショットは2種類あり、飛距離を設定後、
ミートカーソルを自動で補正してくれる「かんたんショット」
そして、ミートカーソルにボタンを合わせる、
いわゆる、みんゴルの操作に当たる「テクニカルショット」
こちらはミスショットによるリスクを伴うが、
バックスピンやトップスピンによる細かい操作が出来る。
かんたんショットによりミートカーソルを無視出来るが、
必ずしもジャストタイミングにはならないデメリットもある。

説明書にはスピンショットとして、
バックスピンとトップスピンのやり方しか書かれていないが
スーパーバックスピンとスーパートップスピンも存在する。
それぞれミート時にB→A、A→Bと入力すれば可能。

mgft03.jpg

まぁ結局は、こうした点からショットによる操作技術よりも、
風の向きと強さ、地形の高低差を念頭に置きつつ、
ボールの飛距離と着地点を予測する重要性が大きいがため、
小学校中学年レベルの計算力が無いと詰む。
おそらく本作がつまらない人は、ゴルフに興味が無い人か、
計算出来ない人のどちらかだろう。

カメラワークは微妙というか、GCのコントローラとの相性が良くない。
ゴルフゲームは微調整が物を言うゲームなのに、
ボタン配置のせいで操作性がややこしく、慣れに時間がかかる。
また、目の前に明らかに打つのが無謀な障害物があっても
そんなのは無いかのように平気で直線距離を打たせようとする。
それはさすがに改善されてて当たり前だろ。

自分で工夫すれば改善出来るため、システム面は決して悪くは無いが
みんゴルと比較すると、もう一歩、、、ってな印象だった。
ジャンル云々よりも、開発元が同じだからどうしても比べてしまう。

mgft04.jpg

ただ、前述通りマリオキャラの魅力は揺るぎないものだし、
キャラ選択でマリオのテーマ曲を口ずさんでるピーチは反則。
ヤバい、、、本作のピーチはマジ可愛い…
飛距離こそ短いが、弾道は普通のストレートでコントロールが高い。
本作は飛距離よりも精度を断然要求されるゲームなので
マリオテニスGC同様に強キャラとなっている。

mgft05.jpg

しかし、肝心のデイジーの弾道が高めのドロー、コントロール低めって…
それ以上に声がおばさんっぽいのが悲しいorz…
「イェスッ!」とか「フヌンッ!」とか正直萎える。
デイジーの声優は固定じゃないから仕方ないが、
マリオカートダブルダッシュの声が一番可愛かったな。
…と思ったら、同じ声優だったorz…
まぁ声優だから声質なんてキャラによって変えられるだろうし、
本作ではデイジーはパワータイプだから、
女子プロレスラー風にお願いしますとでも言われたんだろう。

総評すると、マリオのゴルフシリーズ全般に言えることだけど、
難易度は高めで、マリオのゲームとしては珍しく敷居は高い思う。
全体的にバンカーが嫌らしい場所にあり、池や崖が多い印象だ。
クッパワールドで俺はコントローラーを振り上げ、
2度ほど地面に叩きつける八つ当たりを行った(…誰の真似だよ)
みんゴルの「みんなのゴルフ」たる所以が分かったような気がする。
まぁ64版が楽しめた人なら問題無くすんなり楽しめるだろう。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
2
4
3
64
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)