子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

Z/X 絶界の聖戦

2013.06.23 (Sun)
zx00.jpg

思わずジャケ買いしたトレーディングカードゲームのPS3版。
ちなみに俺のトレーディングカードゲームの知識は
カルドセプトシリーズのみなので、あまり当てにしないでくれ。
それと一年前に遊戯王で、無職の男性が小学生を挑発した挙げ句、
暴行して逮捕されたことしか知らないな(それは知識ではない)

世界各地に出現した異形「Z/X -Zillions of enemy X」、
通称ゼクスを使役する5人の国籍と所属の異なるゼクス使い達の物語。
ゼクスは赤、青、緑、白、黒とに振り分けられ、
魔物や機械以外にも、世界各地の神々や実在した英雄もいる。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
zx01.jpg
<タグ>ゼクス レビュー PS3
カルドセプトほど複雑かつ知らなきゃいけないことは多くはなく、
デッキのパワーバランスまで設定してくれる親切設計。
LPはそのまんまライフで、SPはゼクスを召還するための総コスト値。
実際プレイすれば1時間くらいで概ね理解出来ると思う。
CPU戦に限って言えばシステムを理解すれば、ほぼ無双状態。
赤のレアゼクスで統一されたテオ・ネロくらいしか印象にないかな。

zx02.jpg

マップはヘックス式の陣取りゲームで、
プレイヤーの青色のマスをどんどん繋げていけば
チェーンコンボとなり、その数に応じてゼクスの強さにボーナスが付く。
逆に敵側にも同じことが言えるので赤マスが多量に繋がると危険。
相手のチェーンコンボが上回ったまま戦闘に入ると思わぬ被害を被る。
敵は数が多いのでこちらは使い魔でいかに有利な状況を作り出すかが鍵。
個人的に一番重要視すべきシステムだと思う。

zx03.jpg

カードバトルはRPGっぽく、ゼクス使いの前方3カ所にゼクスを配置。
左右は対角線側から攻撃を受けないがこちらも攻撃は出来ない。
真ん中は全方位を攻撃出来るが逆に敵からも狙われやすい。
ゼクスは2枚以上配置するとコンボスキルが発動し、
赤は攻撃、青はゼクスの強化、緑はSP回復量の増加、
白はLP回復、黒は相手のLPを吸収する。

ただ、複雑そうでありながらバトル自体はかなり大味で、
オーバーライト(融合)でレベルが上がりライフと攻撃力が上昇するが
イベントカード(スペルカード)が一撃必殺系のものが多く、
その上低コストなので、ゼクスは使い捨てみたいになっている。
出た瞬間に蒸発することが多々あった。

zx04.jpg

そしてゼクス使い戦以外にも野良ゼクス戦があり、
こいつらが既に出現した状態にある上(常に先制攻撃される)、
野良のわりに、やたら高位だったりするので、
イベントカードが無いとフルボッコにされる。
コードハックという対野良ゼクス用のシステムがあり、
これで捕獲出来るんだが、5種類のミニゲームを行うことになる。
標的であるゼクスを弱らせれば難易度は下がる仕組みだが
総じて難易度が高く、運にも左右される気休め程度のものかも。

世界観はメガテンと攻殻を足して割った感じ。
俺はどっちも好きな作品なのですんなり馴染めた。
2068年の世界が舞台なんだが「未来スゲー!!」ってことはなく
ゼクスという異形の出現により世界は荒廃し、
文明はそれほど進化していない。
ただ、カード型デバイスの発明により、人類とゼクスは共存関係にあり
もはや人類とゼクスの戦いではなく、
ゼクス使い同士の権力闘争となっている。

zx05.jpg

ゲームの導き手である謎の存在、クロエ・バスカヴィル。
人間でもゼクスでもなく、それらを超越した存在で
主人公達に接触する敵か味方かも分からないトリックスター。
歴史に名を残すことの無かった技術者吉良静馬との
因果関係はOPムービーから見て取れる。

30年前に起こった事件をそれぞれの角度から知ることになる。
まぁぶっちゃけありふれた展開なのだが、
この5人が仲間としてではなく、組織として活動するのは斬新。
だからキャラによってはモブとしか認識されなかったり。
2、3人クリアしただけは事の概要がよくわからなかったりする。
ストーリーの結末を知りたかったらナタリア(白)、
事件の真相と人間関係を知りたかったらクイン(青)で。

zx06.jpg

俺はキャラで言うとアフロことスティーブが一番好きだな。
長身コワモテな外見だが性格は初期の碇シンジそのもの。
周囲の人間どころか相方のゼクスにまで振り回される始末。
その反面、OPムービーとマップで、やたらドヤな仕草なのは
もしかしてシナリオやキャラ設定が決まる以前に
上記の映像部分が出来上がっちゃってたのではなかろうか?w

zx07.jpg

なんか主人公達とゼクスに、やたら持て囃される鮫島さん。
5人をクリアしてもシナリオは追加されないし、
年代とクロエとの絡みの無さから吉良の娘ではないよな。
また、原作キャラだったり、ガンダムのシャアやFEのカミュみたいに
名前を変えて登場ってわけでなさそうなのに謎の待遇だった。
加賀やセシルなんか相方のぜクスに
戦うつもりなら自分は逃げるとか言われちゃってるし…
いっそ彼女を主人公にした方が良かったんじゃないかな(お前もか)

個人的に全キャラ攻略はそれほど時間はかからないが、
シナリオよりもカード収集に重きを置くと結構時間はかかると思う。
俺はこのジャンルに疎いせいか逆に楽しめたし、
ロマサガシリーズでおなじみの小林智美氏も参加してて嬉しかった。
いつか甥とトレーディングカードゲームを学んで
遊びたいなと思わせるような作品だったと思う。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
4
3
4
4
73
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)