子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

アクエリアンエイジ ~東京ウォーズ~

2013.04.01 (Mon)
アクエリアンエイジは一応だけど知っている。
ただ、俺はトレーディングカードゲームはやらないし
ゲームでもカルドセプトシリーズくらいしかやったことないんだが
これは上記のジャンルに該当しない気がする。
PS2にヌガセルってゲームがあるんだがそれのプロト版って感じ。
東京を舞台にしていて登場キャラが女性って点も似ているしね。
どちらも陣取り型SLG・RPGという印象。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
aquarian00.jpg

主人公が町を歩いてるといきなり妖精ティンカーベルに勧誘され、
連れて行かれた神社の先に巫女である厳島美鈴と出会う。
彼女から地球の征服を狙う様々な勢力や異星人が
東京に集っているということで地球を守るために共に戦う決意をする。
唐突だがほんとにこれだけで、その後イベントなどは無い。
一応、キャラ同士のかけ合いもあるけど
俺が原作のアクエリアンエイジを知らないためか、
全く意味が分からず置いてけぼり状態。
まぁ、この手のジャンルにそれを求めるのは野暮か…

aquarian01.jpg

SLGパートのコマンドは全部で4つ。
進軍、探索、募集、補給のみでシンプルで分かりやすい。
募集はユニット、探索は強化カード、補給は資金の補充となる。
お気づきの方もいると思うが、この手のジャンルで最も重要である、
ステータス情報は進軍しないと確認できないという大概さ。
さらに1ターンの内に出来るのは
上記のコマンドの内1つだけと非常にテンポが悪い。
ユニットの種類が豊富だから募集するのは楽しいんだけどねぇ…

aquarian02.jpg

ちなみに募集したユニットはレベル0からスタートするのだが
レベル2以下のユニットは戦闘で倒されると高確率で消滅。
結局は初期メンバーの3人で攻略すれば手っ取り早いという…
まぁ慣れれば好きなユニットを育成出来るようになるけど
例えるならFEでビラクをパラディンにするってくらい手間。

弱小勢力を鳥かごにして生かさず殺さずにすれば
時間はかかるものの好きなユニットを強化するのは可能と思われるが
150ターンでゲームは強制終了し、ゲームオーバーなので注意。

ちなみにチュートリアルが無いゲームだが
各画面でセレクトボタンを押せば説明をしてくれるので、
ユニットのスキルアイコンの意味が分からないってことは無いだろう。
普通だったら自動的に画面に表示されるものだけどな。

aquarian03.jpg

戦闘パートは3対3のチーム戦。
通常攻撃、必殺技、必殺技返しが3すくみの関係になっており、
上手くいけば多少の能力差があってもひっくり返せるが
上記の3つに属さない特殊技というものがあり、
敵専用ユニットは必殺技より強力な全体攻撃や
敵全体に即死効果のある技を使ってくるチートばかりで
結局は不利な状況下で戦う場合が多い。

パッケージやストーリーの雰囲気からは想像できないが
初見プレイでクリアできる人は
おそらくいないんじゃないかって思うほどの理不尽さ。
素材は良いのに、システムが全てを台無しにしている。
一応対戦モードでは色々と自由に設定できるから
そちらで遊んだ方が楽しい、、、かもしれない。
俺はストーリーモード2周目の途中で疲れた…

aquarian04.jpg

使徒でもないし「カヲル」ではなく「カヲリ」なのでセフセフ(アウト)

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
1
2
2
41
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)