子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

VANQUISH

2011.05.28 (Sat)
vanquish00.jpg

一見すると、海外産のFPSやTPSのように、
どこかで見た感じのするスピード感が中心の3D・STGに見えるけど
実際は射撃にある程度の精度を求められるTPS寄りという印象。
闇雲にブーストで突っ込んでいくだけではザコにも苦戦する。

実は見た目ほど爽快感のあるゲームではなく、
狙いを定めて確実に敵を倒しながら進むべきゲームで
ダッシュだけでなく「ARモード」という時間を
スローモーションによる射撃や回避をフルに使って
敵を倒しながら進む方が有利かつ効率的。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
vanquish01.jpg
<タグ>ヴァンキッシュ レビュー
自分以外の全ての存在の動きが亀のように停滞し、
飛び交う銃弾さえも目視できる状況には衝撃を受けた。
流れるように敵を倒していく様は操作してても視覚的にも楽しいと思うし
自分が上達してどんどん楽しくなるのはゲームの醍醐味だから
このシステムはかなりツボだった。
…マトリックスなど知りません。

ダッシュを使って敵を翻弄する戦略もあると思うが、
おそらく大半はARモードで確実に倒した方が無難だと思う。
その分、無双のような単騎による強行突破を
期待している人には不満に思うかもしれないけど。

vanquish02.jpg

また、上記のシステムだけではなく仲間との共闘感も評価。
特殊部隊の仲間達がいたる所で戦っている。
実際敵を倒してるし、戦場を思わせるリアルな空気は良いね。
でも、時々間違えて後ろから撃っていたのは秘密w

vanquish03.jpg

画面を覆い尽くすように入り乱れる弾の数は圧倒的。
3Dのゲームで弾幕を謳う内容は伊達じゃないなと感じた。
とにかく画面狭しと飛び回る銃弾を避けながら
攻撃態勢に入るのは相当忙しい、It's party time~~!!
↓もはや何を映した画像なのかわからない、左側に俺がいる。

vanquish04.jpg

そして基本は覚えゲーという印象がある。
覚えゲーというのは、予め敵が出てくる位置を覚えて
順次倒すといった類のゲーム。
そうして覚えていくことで上達していくわけだけど、
その覚えるまでの過程を楽しめるかが一番のハードルかも。

全体的に見てセガらしくトガッたゲームで、
アメリカvsロシアの図式も日本受けのゲームと言うより、
海外寄りに受けそうな印象を受けた。
6ヶ国語対応からしてそこら辺をセガも狙っていたのだろう。
敵国が韓国なら新品を定価で2本買うわ。

vanquish05.jpg

最後に、なぜか下からのアングルが多い、
オペレーターのエレナに敬礼(;´Д`)ゞハァハァ…

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
4
3
4
73
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)