子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

真・北斗無双 その1

2013.01.03 (Thu)
sinhokutom00.jpg

真・北斗無双やり始めたよ(`・ω・)-=⊃-=⊃-=⊃
「こんなにモッサリなら、北斗無双などいらぬ!!」
…と、前作の北斗無双はストレスしかたまらなかった。
でも今回の真・北斗無双はケンシロウ強すぎワロタw
いや、ケンシロウは強すぎるくらいで良いんです!
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
sinhokutom01.jpg
<タグ>ゲームプレイ日記
まぁまだやり始めた上に、使用キャラがケンシロウと
ヒャッハーの2人しかいないんで、ケンシロウ=呂布ってわけじゃないけど
敵をお手玉出来る連打性能の高さに加えて、
画像見ればわかるけど攻撃範囲がとんでもないw
そもそもモーションの速さが前作のレイ以上だからね。
こりゃスピード重視の南斗キャラはチートになっちゃうんじゃないのw

操作の細かい点で言えば、ジャンプが無くなったね。
これは別に構わないけど、前作みたいにビルをピョンピョンかいくぐる、
誰得なのかわからないミッションは存在するっぽい。
まだ序盤だから演出みたいな感じで終わったけど
後半になるにつれて仕掛けがクドくなりそうで少し心配だ(´・ω・`)

sinhokutom02.jpg

前作で不評だったQTEはかなりぬるくなっている。
ワンボタンとかLRボタン同時押しとかそんなレベルで楽。
いや、無双ならQTEなんて別に必要無いんだが
これくらいのアクセントならあっても良いね。

sinhokutom03.jpg

「ん!? まちがったかな…」
リンに秘孔を突くシーンでデタラメなボタンを押してみたが
指定されたボタンを押すまでシーンが進まないだけで、
別にリンが大変なことにはならなかったぞw

sinhokutom04.jpg

イベントシーンはコミック風とリアルレンダで動くようになってる。
エクストルーパーズみたいな感じでこの辺は評価分かれそうだな。
どうやら箱版ではロード時間が半端じゃないため、
このイベントシーンごと不評になってるみたい。
イベントシーン自体は原作を極力再現してるようで良いね。
お茶目で紳士なハート様の「いてえよ~!」のシーンもあるぞw

今のところは、無双的にもキャラゲー的にも楽しめそうな感じだ。
とにかく主人公であるケンシロウを使っていて苦にならない。
当たり前のようで前作はそれが出来ていなかったから、
この意味合いはほんと大きいよ。

sinhokutom05.jpg

とりあえずKINGことシンを倒したった。
強いと言うより打たれ強いんだよな。
ただ前作より攻撃パターンが増えていて単調さは軽減されてる。
部下をどこからともなく召還して羽交い締めにされた時は吹いたわw

さて、シンが使用可能になったけど、このままメインである伝説編をやるか
シンで無双色の濃い幻闘編をやるかどちらにするか悩むな…