子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

サイキックフォース2012

2012.12.28 (Fri)
タイトル通り、サイキックフォースの最新作だぜ!
…とかボケようと思ったら、
最近になってネシカ筐体で再稼働との情報が。
う~ん、今更ゲーセンで、しかもベタ移植で需要があるのだろうか。
ぶっちゃけグラフィックだけでももっとこう、
3DSでリメイクとかそっち方面でどうにか出来なかったのだろうか…
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
pf201200.jpg

しかし2012年も終わりを告げようとしているけど、
今見ると前作の方がよっぽど現代的なキャラデザに見える悲しさよ。
ひねり過ぎて間違った未来感を醸し出してしまった古臭さを感じる。
アレかな、俺が産まれた頃に活躍していた女優の方が、
15年前の女優よりも現代っぽく見えるような錯覚…?

pf201201.jpg

さて真面目にレビューすると、本作は前作同様に
複雑になりがちな3D立体空間バトルを
平面的な移動手段だけで上手く表現している。
直感的な操作で派手な攻防を繰り広げることが可能。

そして本作独自のゲーム性で最も魅力に感じ点は
相手のいない方向へ任意に指定して
撃てるシステムを採用していることだ。
相手の逃げる先を予測して狙撃出来るため戦略の幅が広がった。
(読みすぎて相手に正面突破されてしまったことも多いがw)
このゲームの面白さって相手の移動先に
超能力をぶち当てる爽快感ってのに集約されてたと思うんだよね。

pf201202.jpg

しかし、本作は近接格闘や掴み技が有利になっているために
ガチの戦いになると、どうしても接近戦に隔たりがちになる。
前作の多彩な超能力技を撃ち合う派手さは抑えられていたな。
どのゲームでもあることなんだけど
本作の場合は顕著だった気がする。

pf201203.jpg

そもそも前作の神懸かり的な
単発の超能力技をブチ当てるシステムって、
一歩間違えると大味な内容になっちゃうから難しいんだよね。
技を出すまでの緊張感とヒットさせた時の爽快感は格別だけど
単調なゲーム展開にもなりがち。
サイキックフォースシリーズが名作からクソゲーまで、
極端な好き嫌いに分かれる理由はこの辺なんじゃないかな。

世界観は良い意味での胡散臭さ、夜のビル郡が似合う超能力バトル、
敗北は死を意味し、崩壊、破滅と言ったキーワード。
上手く言えないが、そんな退廃感や、
厨二成分がこのゲームの魅力だと思う。
そして数少ないグッドエンディングのウォンは悪役のために
なんだかこちらが悪に荷担したようなやるせない気分になるし、
ウォンはウォンで年のせいか髪の毛が後退してしまった('A`)

pf201204.jpg

最後に刹那のネタキャラっぷりは製作者は狙っていたのだろうか?
キャラ性能最弱&エンディングでの欝展開は当然として、
同僚のガデスに対するひねくれいじめられっ子精神や
闇属性だけに光と闇を併せ持つエミリオに
難敵ポジションを奪われる始末。
更に外見がダサカッコイイ分、情けなさが際立ってイイ!!
あたし男だけど刹那は萌えキャラだと思うの。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
2
3
3
56
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)