子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

MELTY BLOOD Act Cadenza

2012.12.02 (Sun)
mbac00.jpg

ビジュアルノベルゲーム、月姫を題材にした格闘ゲーム。
メルブラは当時を考慮してもかなりドットが粗いけど、
物凄い枚数のドット絵を使ってるから動きは滑らか。
キャラからはオタ臭がプンプンするが(当然だが)
コンボゲーに嫌悪感が無ければ格ゲーとしてはわりと普通な気がする。
まぁ俺の場合、別の格ゲーではスピードタイプを使用するから
そう言った意味では馴染みやすかったかもしれない。

ゲームシステムに固有名詞が多いので複雑な印象を受けるが
アークドライブ=超必殺技、ブローバックエッジ=タメ攻撃、
シールドバンカー=ガードキャンセルみたいな感じで
格闘ゲームとしてはお馴染みのシステムばかり。
システムに独自の名前を付けたがるのは
世界観の統一か厨二病みたいなもんだ。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
mbac01.jpg
<タグ>メルブラ レビュー
その上、コンボゲーとしてはかなり取っ付きやすい部類で、
当時は似たような格ゲーの同人ソフトが溢れたが、
ネタゲーとしか楽しめないそれらと違い、
ちゃんとした格ゲーとしてしっかり遊べる。
戦い方は基本的に手数で勝負、という立ち回りになり勝ちで
押しが目立つっていう印象が強くなりがちだけど
一応あれはハイジャンプしてガードを入れながら
接近して攻撃してるわけで、実は攻め以外にもやってるんだよね。
一連の操作が画面に見えてないだけで。

mbac02.jpg

まぁ実際、遊びやすいゲームなんだけどそれでも白レン強いよな。
近づくとコンボと氷でやられるし、
離れてると分身キックみたいのしてくるし…
白レンの空中波動拳の威力おかしくね?
CPU仕様で仕方ないけど他の連中のAADより威力高いのだが…
こういう点も実にギルティギアっぽい。

それとボイスが相変わらずこもって聞こえるのはやっぱ気になるかも。
SFC時代の格ゲーが少しマシになった感じ。
例えばシオンのおまけボイス
「私の名はシオン・"ヘ"ルトナム…」って聞こえるんだけど。
他の例では「ヘリウムガス」や「貴方を犯人です」というのもw

mbac03.jpg

さつきを使用すると、脳に声が刷り込まれていく感じがするw
「えいっそーれ」「やあっえいっええいっえいっそーれっ」
ハイスペックで十分強キャラ要素はあるけれど
外見に反するパワー&投げキャラで、
コンボとキャラ対策が他のキャラよりしづらいかな。
自分は投げループやられてもそんなに嫌じゃないどころか、
むしろ「おお、凄い!」と思います、何度やられても。

ゲームバランスはAC版とPS2版はほぼ同じだ。
キャラ性能が少しだけ変わったくらいで、
パッと見じゃほとんど変わらない。
月姫をプレイしてないとわからないことも多々あり
本編やRe ACTのシナリオはカットされているため
シナリオに求めると弱いかもしれない。
…人によってはシナリオを知らない方が良いかもしれない。

最近の格闘ゲーはどんどんコンボ要素が強くなってきて
敷居の高いジャンルになってしまっているけど
練習がてらチャレンジしてみようという方には丁度良い難易度だと思う。
家で格ゲー初心者の友達と遊ぶなら、お手軽でオススメ。
もし変に思われても 「これは格闘ゲームと言ってな…」
とか説明して男キャラ使えば問題無い(責任は負えません)
ただ、赤朱秋葉をKOする(される)と
「これなんてエロゲ?」って勘ぐられるかもしれない…

mbac04.jpg

それにしても6人の声優が担当するネコアルクや、
ギロロ曹長以上にぶっ飛んだネコアルク・カオスを
中田譲治氏に担当させるとかそういう無駄なこだわりや
オプション項目の豊富さも評価したい。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
2
3
3
4
4
68
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)