子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

ひきこもりを侮るな

2017.03.18 (Sat)
何でも良いからブログに書こうと思っていても、
さすがにどうでも良すぎることとか、
短すぎる内容だったら載せるのを控えてしまうね。
誰かに読まれてるって感覚を捨て去るのは、やり過ぎだが
たまにはそれを無視するのも良いかもしれない。

yairi.jpg

…さて本題に入ると、ひきこもりのネットでの居場所って話だが
理想を語ると、ひきこもりだけのサイトがあればと思う。
精神的にまいってる人にとっての居場所というかね。
自分が安心して居られる場所があれば、
少しは頑張ろうって思えるかもしれないし、駄目だったとしても、
戻る場所があればまだ生きていこうとなるかもしれないし。
まぁ理想でしかないけどね。
そんなサイトを立ち上げる行動力のあるひきこもりは稀だろうし、
社会人だとそこまで本腰を入れる暇は無いだろうからな。

そんなわけでネットでの居場所は存外難しいかもしれないが
現実でそれを模索している団体はある。
多くの社会問題を具体的かつ、的確に指摘している、
ジャーナリストの池上正樹氏が紹介していたが
ひきこもりフューチャーセッション庵IORIの評判がすこぶる良い。
彼のように多方面に通じる有識者が参加する懇談会こそ、
ひきこもり当事者が一歩を踏み出すきっかけになるのだと感じた。
なんだかんだ言って、俺みたいなひきこもりには厳しい競争の世界だ。
過去の自分は大した結果も出せていない時に、
「俺はまだ本気出してないだけ」と本気で思い込んでいる、
意識高い系の駄目人間みたいなものだった。

人間は仕事や学校などの強制が無いと多少なりとも怠惰になる。
言い方を変えれば、社会で何らかの役割が期待されていれば、
自然と向上心が高まり、それなりに勤勉になるわけだ。
とは言え、正論やスタンダードな方法論などは
その大部分がひきこもりに向けてなど書かれてはいない。
正面突破で成功するのは常人であって、ひきこもりではないのだ。
だからルートを変えてみる必要性があるのかもしれない。
それを考えるひきこもりこそ、人生の開拓民であると言えるだろう。
ひきこもりを侮るな(小声)

まぁ俺の場合、そういう捨て身のチャレンジ精神は
退職してからになるんだろうけどね。
いや、俺の年齢でまともな会社に再就職なんて無理だから、
今ある職に力を注いでいる方が無難かつ、生産的かなと。
世の中、家族は勿論、親戚とか世間の目もあるからねぇ。
…とまぁ、ひきこもりは堅実派なのでしたw

ストロボラスト

2017.03.12 (Sun)
今、どこで何をしている?
部屋の中でゲームをしたり、ラノベを読み返したり、
萌えアニメのちょっとアレなシーンを期待しながら見ているのか?
あるいは地獄の血の池で釣りでもしているのか。
まぁ前向きな可能性はないだろうね。
何だかんだ言って、変える覚悟を全く持ってないから、
相変わらず他人に頼ることばかり考えて生きているんだろうね。
期待はもうそろそろゴミ箱に捨てないと駄目だな。

心の具合はどうだ?
もう病みすぎて逆に平気みたいになっているんじゃないのか?
少なくとも軽々しく「死」を連想させるような言葉を使う、
屈折した根暗野郎は好きにはなれない。
使えば使うほど薄っぺらくなる。
オオカミ少年と同じで、いざ自殺を実行した時、
誰一人こいつは死んだとは思わなくなっているだろうね。
まぁ相変わらず生ける屍を晒しているんだろうけどな。

ネットで自分と似たような人間を探すのは不毛だと分かったか?
以前は同類がたくさんいる感覚に浸れて安心感を得られただろうけど
結局はどうしようもない人間なほど傷は深まるだけだと思うよ。
探そうとすればするほど孤独に苛まれる閉塞感。
誰も堕落した日常になど興味は無くて、
前に向かって努力する姿を見受けられた方が良いという結論に至る。
自虐ネタの減り方から察するに、
いよいよ笑っていられる状況じゃなくなってきたんだろうな。
「自業自得」とは無能な罪人の最も嫌う言葉だ。
しっかり受け取っておけ。

naruhodou.jpg

記事消化キャンペーンの一環ですw
更新が無いと、このブログを楽しみにしている人達に
心配をかけることになるからな(確信)
つか、絶対に何かの影響受けてるね、コレ。
 | HOME |