子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

2016.03.21 (Mon)
dqheroes00.jpg

ドラクエシリーズを題材とした3D・ACT。
開発に無双シリーズや討鬼伝シリーズでおなじみの
オメガフォースなので、ゲーム画面を見ただけでは
ドラクエ無双と思われる人も多いだろう。
大量の敵をなぎ倒していく点は似通っているものの、
NPCや対象物のHPが0にならないように守っていく、
防衛ミッションが多いため、
システムとしてはタワーディフェンスに近い。

マップのポイントごとにすぐ移動できるルーラがあり、
ルーラできるポイントの付近には大抵敵の拠点があるので、
敵拠点を殲滅してすぐに防衛拠点に戻るといったことも可能。
その為敵拠点が遠すぎてマップを走っている内に
防衛拠点が落とされるといった機会を減らすことができる。
ドラクエおなじみの移動手段であるルーラを
上手くシステムの一つとして組み込んでいる。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
dqheroes01.jpg

また、巨大な敵が入り乱れ、所狭しと攻撃してくるので
ジャストガードや回避を上手く使い立ち回る必要がある。
そういった戦法や上記のような戦略を考えるのが面倒な人の為か、
敵拠点を潰さなくても一定時間経過すると
敵の全軍が押し寄せ、それを防衛しきれば
クリアにできるようになっているのシステムは良い。

dqheroes02.jpg

本作独自の要素としてモンスターコインがあり、
GCのルーンという魔物を召還して戦うゲームを彷彿とさせる。
敵を撃破した際に、ドロップアイテムの様に
倒したモンスターの姿が刻まれているコインを落とす。
コインを入手すると画面左下の枠に獲得したコインがセットされ、
好きなタイミングでモンスターを呼び出せ共闘することができる。

各モンスターには1~3の枠コストが存在し、
召喚した際にモンスター固有の行動を行い消滅する、
爆弾岩的な使いきりのアシストタイプと、
召喚した後に呼び出した地点に留まり、
敵が近づくと攻撃をしてくれるディフェンスタイプに分かれる。
ディフェンスタイプはフリーバトルで敵の出現地点に置くと
勝手に始末して経験値を稼いでくれるので便利。

dqheroes03.jpg

また、これまでもテンションシステムは存在したが、
本作では専用のテンションゲージが設けられている。
敵を連続で攻撃してコンボを繋げていったり、
○ボタンを長押しするなどの行動でゲージは上昇し、
これが満タンになると任意でハイテンション状態に。
発動後の状態ではダメージを受けず、消費MPが0になり、
必殺技が発動可能になるなどの恩恵を受けられる。
つか、ビアンカの必殺技がキラーパンサー召還なんだが、
「お願い、ゲレゲレ!」ってセリフから、
ゲレゲレが公式化ってことでいいのか…?
まぁ俺のキラーパンサーもゲレゲレだからいいけど。

dqheroes04.jpg

この手のジャンルには少なからず強キャラや弱キャラが存在するが、
上記のハイテンションやスーパーハイテンションにより、
弱キャラや下位互換キャラの存在が極力薄まっている。
そもそも本作は敗北によるペナルティが一切存在せず、
敗北しても他作品とは違い所持金すら減らず、
獲得経験値や獲得アイテムも無くならずに残るので
そこまで強キャラ強キャラと、こだわるような内容ではないかな。
ドラクエらしく、非常にユーザーフレンドリーな作品だ。

dqheroes05.jpg

一応紹介すると、最も使い勝手の良いキャラはテリーで、
空の敵にも攻撃しやすい前方広範囲を攻撃する真空斬り、
雷属性を持つ遠距離攻撃の稲妻雷光斬を持つため
空を飛ぶ敵にもマシン系にも強く、
距離も選ばず攻撃できるため全く隙が無い。
本作におけるはやぶさ斬りは、
2つの分身をまとい時間差で本体と同じ攻撃を行う。
攻撃力は本体に劣るもののテンションの貯まり具合は3倍。
更に、ミラクルソードの回復判定も一度に3回起こるため、
回復速度は3倍になり、ハイテンションモードで無敵になれば、
どんな窮地に陥っていても立て直しが可能。
状況次第では途切れることなく
ハイテンションモードに移行することさえ可能なチートっぷり。
もうドランゴ引換券とは呼ばせない!!

dqheroes06.jpg

ゼシカは回復スキルのハッスルダンスが便利。
消費MPは25と膨大なので、気軽に扱うことはできないものの、
最終的にはベホイミ~ベホイムの中間程度の回復量になり、
後半からはパーティ全員の生存率に大きく関わってくる。
と言うか、本作はクリフトとフローラが回復呪文を使えないので
必然的に主要メンバーとして上がってくる。
攻撃面では広範囲攻撃が多く、モーション後の動作が鈍いので
ハイパーアーマー持ちの敵には全く歯が立たないが、
回復専門として見積もっても十分お釣りがくるだろう。
また、必殺技のマダンテは作中最強のダメージ数を
叩き出すまでに成長する。
演出上マダンテを使うとMPがゼロになるが、
使用後は一瞬で発動前の数値まで回復する。

気になったのは、戦闘終了後には必ずバトシエに強制帰還すること。
せめて序盤のキャンプ地のような場所を用意するか、
「次へ進みますか?」の選択肢は欲しかった。
どんなにシナリオ上、切羽詰った状態でも強制的に戻される。
テンポも悪いし、旅をしている感も薄まるので
次回があるならこのシステム回りを改善してほしい。
全体的にドラクエと言うよりFF寄りの冒険という印象を受ける。

それとBGMは総じてドラクエの曲のアレンジ版で素晴らしいわけだが、
どこか持て余しているというか、垂れ流している印象が拭えない。
拠点のBGMがドラクエ3と4(5章後期)のフィールド音楽なのだが、
ここはどのシリーズでも良いので街か城の曲にすべきかと。
勇ましい曲が鳴り続ける中で、爺さんやおばちゃん相手に
買い物や錬金することに違和感を感じた。
お前ら何をそんな荒ぶってるんだよとw

dqheroes07.jpg

総評すると、ジャンルは違えどドラクエらしい、
万人受けする誰もが楽しめる安定した内容だと感じた。
誰でも簡単に楽しめる操作、未経験でも分かりやすい物語。
鳥山明氏のカッコよくてどこかユーモラスなキャラクターと
大小様々なモンスターがひしめき合うにも関わらず、
全く処理落ちしない完成されたインターフェース。
全体的にボリュームが少なく感じられるかもしれないが、
クリア後の解禁要素も多いのでまだまだ遊べそう。
悪い意味で無双と呼ばれたり、マンネリと言われようが、
王道を貫き皆に安心して勧められるACT・RPGとしては勿論、
ドラクエファンなら必ず楽しめることだろう。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
4
3
4
5
82
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

失意のエロゲー回想録

2016.03.16 (Wed)
いきなりですが、俺はエロゲーが大嫌いです。
ゲームショップの18禁ののれんの裏に隠された、
エロゲーのパッケージ群を見るだけで吐き気を催します。
「お前、コンシューマー移植されたのやってるだろ」って話ですが
勿論、ギャルゲーやエロ要素に嫌悪感を抱いてるわけではなくて。
…これには聞くも涙、語るも涙の理由があります…

俺がエロゲーを初めて買ったのは15年ほど昔で、
予備校時代から大学生になる直前で
大学合格祝いにPCを買ってもらい、、、否、買いました。
そんで大学生活に胸をときめかせていたこともあり、
エロゲーの雑誌を書い漁り、通販しまくったわけです。
確か月に10本くらい買っていたと思う。

当時、エロゲーの定価は4800~8800円くらいだったけど
通販価格で2000円くらい安くなるんだよね。
まぁ最初からその価格なんじゃねぇのって話だけど。
それほど大人買いができたのは、
予備校時代はゲームや交友費なんかにお金を使わないから
生活費の半分以上は貯まり続けるんだよねぇ。
つか、予備校とアパートの往復だけをよく続けたもんだ…

erogame00.jpg

さて、ここからは15年前のエロゲー事情になります。
気に入ってたのはフォレストのEDENシリーズ。
3Dなんだけど、PS2の初期のポリゴンくらいには頑張っている。
シナリオはまんまエイリアン。
しかしこれ、主人公がエイリアンで三人称視点で話が進む謎仕様。
2からはエイリアン化した変態教授グレンも使用可能。
宇宙船の女性クルーを襲うと高確率で死ぬw
ちなみにこの変態教授、声優の名前が加藤雅彦となってるけど
おそらく山崎たくみ氏だと思うw

erogame01.jpg

メイビーソフトも分かりやすくて好きだった。
バカゲー要素が強く、積極的な女性が多いのもツボ。
上記のH研究会の画像はちょっと微妙な感じだが、
実はまめ氏が手がけているんですよ!(なんで詳しいんだよ)
後輩キャラの甲田里美がメチャクチャ可愛かった!!
それとゲーム雑誌で、ここの会社の社長が
「エロゲーにはエロ以外の要素は必要無いでしょ」的な発言してて
「うわこれ正論、よくぞ言った!」みたいに感化されたw

と言うのも、アリスソフトやエルフなどの有名どころも買ったけど
アリスソフトはエロ要素がオマケみたいなのが多かったからな。
ママトトやペルシオンなんかは並みのコンシューマーでは
太刀打ちできないほどにSLGとしては作り込まれていたけどね。
いや、俺やメイビーソフトの社長はそれを求めていないっていうw
エルフはパッケージが妙に豪華で、
「やっぱ有名どころは違うな~」なんて思ったが
エロ要素もゲーム的にも微妙なものばかり。
臭作とか普段ゲームをやらない人はどうすんのってレベル。

erogame02.jpg

ちなみに俺のオススメする最高のエロゲーはアイルの脅迫。
主人公は臭作ばりに脅迫する側かと思いきや、
実は脅迫される側の女子校生。
シナリオや文章構成、作品を漂う陰鬱さと背徳感が秀逸で、
3日間で全てのエンディングと全スチル回収した。
内容はかなりヤバいので割愛。

その他はシステムがクロックタワーな怪奇!ドリル男の恐怖。
美人三姉妹が股関がドリルになっている変態怪人から逃げる、
B級ホラーなバカゲーなんだけど、ライターのエロ表現が半端ないw
それと似たようなジャンルで、最近のラノベに多い、
ファンタジーの世界に現代の男性が召還される系で、
大抵こういうのはイケメンなんだけど
主人公がゴリラ似のブサイクな顔した佐々木博昭という類人猿で
「俺の子供を孕めぇ!」的な内容なんだけど、題名を思い出せず…
色々検索かけてみたけどワード違いか結局分からなかった(´・ω・`)
つか、猟奇的なの多すぎワロタww

話がすっかり逸れたが、エロゲーが嫌いになったのは
大学生活が苦悶に満ちた地獄だったからです。
はい、エロゲーに罪はありません。
勿論、当時もPS1やPS2のゲームをやってました。
しかし、エロゲーにだけ嫌悪感を抱く理由は
それまでの辛い記憶とともにプレイしていたからだと思う。
PS1は高校時代に遊んでいた記憶があるし、
PS2はその延長で遊んでいた、言わばシリーズのようなもの。
でもエロゲーって、合格直後の喜びはあるものの、
期間的に大学時代のみダイレクトに当たっちゃったんで。

どうしても当時の記憶がフラッシュバックし、
こうして記事を書いたり画像を探すのも辛かった。
自傷行為や吐き出しどころ(意味深)みたいなもんで。
…あぁ、しかしマジでなんなんだこの嫌悪感。
エロゲーが嫌いな自分にも嫌悪感が募るわ…
(※この記事にオチも救いもありません)

ポピュラス2

2016.03.08 (Tue)
populous200.jpg

イギリスのゲームクリエイター、ピーター・モリニュー氏の
出世作とも言えるポピュラスの続編でRTSの先駆けとなった作品。
プレイヤーはゼウスと人間の女性の間に生まれた青年となり、
「人間を舐めんな!」ばりにオリンポスの神々に対決を挑む。
ゲームの目的は主人公を崇拝する信者の人口を増加させて、
敵の神を崇拝する信者と住居を滅ぼし駆逐すること。

本作は信者を直接操ることはできないため、
啓示コマンドによって信者の行動を切り替えながら進めていく。
こう書くと戦略要素が高い硬派なSLGに感じるが、
実際は敵に対する嫌がらせや足の引っ張り合いに全力を注ぐ内容。
「ゼウスの苛烈な試練を超えたとき、僕は自分の性格が嫌になった」
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
populous201.jpg
<タグ>兎に角 船越陽大 ブログ
主人公は神の息子だけあり、神と同等の奇跡を起こすことができる。
人、植物、土、気、火、水の6つのエレメンタルを源流とする、
神技を操り、火柱が上がり、雷鳴が轟き、渦潮が押し寄せる。
また、各々の属性のヒーローを呼び出し、敵の信者達をアッー!
しかし、いつでも奇跡が起こせるわけではない。
これは地上に住む信者の人口を増やすことで可能になる。
自分の信者が繁栄するとそれはマナとなり、
より大きな天災を発生させることができるようになるのだ。

そのためにはまず、人が暮らせる土地を作って広げていくわけだが、
土地を平らにして広げていくと建物がどんどん豪華になっていく。
この地面を平らにしていく作業が妙に快感で、
地面を上げたり下げたりして住み易い土地を用意すると
その場所に人がやってきて家を作る。
家を建ててしばらく経つか建物の中央でBボタンを押すと
家から人が出てきて、また新しい家を作るって感じで
人と家がリアルタイムで増えていく様子が目に見えて楽しい。

populous202.jpg

プレイヤーは一つずつマップをクリアしていき、
その結果に応じた一定量の経験値を得られる。
まぁ敵のリーダーを狙いながら、だらだらプレイしていれば
高評価を得られるはず(…いいのか?)
各々のエレメンタルに数値を割り振り、
それによって神技の威力は増加していく。

populous203.jpg

ステージにより使用可能な神技はあらかじめ決められており、
上記の経験値が少なかったり、特定の属性に特化してしまうと
思わぬ不利を強いられることがある。
…上下に整地出来ない誰得の謎ステージも存在する。

populous204.jpg

もし攻略で詰まったら木のエレメンタルの沼地を使えば良い。
この神技は低コストな上に広範囲で、
アドニス以外のヒーローを即死させる。
敵は沼の整地はアバウトなので非常に効果的。
まず、敵のリーダーがヒーロー化する前に抹殺し、
敵のシンボルを沼地で囲むことを繰り返す。
また、毒の沼地が使えないなら地割れや城壁で囲んでも良い。
とにかく、敵のリーダーがヒーロー化さえしなければ負けない。
…まぁこの作戦もデメテル戦まで有効で、
ガイア戦からはCPUに有利な鬼畜縛りで根性論になるけど。
もっと輝けということなんだろうが、
強力パスワードがあるんで無理にツッパる必要なんてないぞ。

問題点は、わりと早い段階で処理落ちが酷くなること。
そして一応シナリオは前述通りあるにはあるのだが、
これといったイベントは無く、終始淡々と進む。
神々と対決してる感もあまり無い。
BGMはタイトルとマップ画面くらいしかないので、
作業的な内容に拍車をかけている。
将棋や囲碁じゃあるまいし、せっかく世界観が構築されたんだから
それを生かしたBGMを作ればいいのにな。
SEから脳内に流れるガチムチパンツレスリング(あんただけ)

populous205.jpg

前作のような様々な世界を舞台とする遊び心は無くなったが、
ゲームとしての完成度は高まったと感じた。
1をクソゲーだと感じた人の中には、ゲーム内に目指すべき目標が
無かったというのもあったんじゃないかな。
元々、ポピュラスは地味で殺伐としたゲームなんだけど、
自分はコーエー作品やシヴィライゼーションなどの
宅地造成型のSLGって結構好きなんだよね。
ポピュラス2は作業ゲーという側面が非常に強いものの、
ターン制のSLGには無い緊迫感があるスルメゲーだと思う。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
2
1
3
4
3
58
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)
 | HOME |