子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

バウンダリーゲート

2015.11.21 (Sat)
bgate00.jpg

…お分かり頂けただろうか。
タイトル画面を覆うほど間近に迫り、
こちらを眺めつつ、微笑む黒髪の女性の姿を…
(このネタ、別のゲームレビューでやったな…)
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
bgate01.jpg

ゲーム内容は極めてオーソドックスな3Dダンジョン型RPGで
プレイヤーは主観視点で街やダンジョンを探索する。
既成のRPGの様々な要素を集め合わせ、
バランスを測ろうと思ったかどうかは知らないが、
本作はその名残は見られるものの「特徴が無いのが特徴」という、
極めて薄味のものとなってしまった印象。

Wizのように宝物を発見したり探索する楽しみは薄いし、
メガテンのように二転、三転するシナリオでもない。
大作のシリーズものと比較するのは酷だが、
差別化を図るためのオリジナリティが無いと比較せざる得ない。

世界観も中世ファンタジーの中に、
近未来的な技術が垣間見られるが、確信部までは語られず、
「そういう技術が昔からある」という認識に留まる。
思い切って銃夢っぽい世界観に統一した方が化けた気がする。
キャラクターも他のゲームの地味なのが集まった感じで
旅の傭兵フィンが街角で襲われているリスプという女性を救出して
何となく同行する流れから世界を救う目的に変化するという、
まぁ今となっては古典と言うか、近隣をお使いさせられるだけ。

bgate02.jpg

旅の目的が明確になったところで、
リスプ以外のキャラは主人公を含めてどんな境遇か分からないし
サブイベントなどは無いのでイマイチ感情移入も出来ない。
悪役サイドは不思議の海のナディアそのまんま。
つか、キラルの出番が少なすぎ。
ジャケ買いした俺涙目ワロエナイ…

bgate03.jpg

ぶっちゃけ、とてつもなく壮大な物語だと予想していたら
結局は一つの国の中だけで騒乱は終わってしまい、
他の場所に行けたりしないので酷く世界が狭苦しく感じる。
プレイヤーが試行錯誤して介入する部分は無くても
最終的な経過が変わらなくても
イベントによりそれなりに楽しく感じると思うので。
上記の点を含めてもう少し世界と人に幅を持たせてほしかった。

bgate04.jpg

戦闘は敵が1体ずつしか出現しないが、
こちらは最大4人で戦うことができる。
こうなると敵がかなり強く設定されているのではと思われるが、
全然そんなことはなく、ボス戦でさえ
全体攻撃の後の回復を怠らなければ負けないレベル。
敵によっては攻撃はスカスカ外れるが、
連続攻撃できる武器が多いのでテンポは良い。

まぁFF4のラストダンジョンの下層みたいに、
ボスキャラレベルのザコと戦うことを終始やらされたら
確実に飽きるのでこのゲームバランスで良かったと思う。
製作者側もおそらくクリア出来る難易度にあえてしたのだと思う。
敵のエンカウント率を変更出来る親切設計があるし、
難しくしようとすれば、いくらでも難しくできるわけだし。
…しかし、敵が1体ずつ出現ってのがよく分からないのだが、
おそらく容量的な問題だろうか。
アニメーションとエフェクトは結構頑張っているんで。

bgate05.jpg

強敵はいないが、フラグ立てがやや面倒で、
アンブローズ襲撃の際に南地区の物乞いに出会って
瞳の紋章の鍵を手に入れないといけなかったり、
医療聖堂研究施設で手に入れる山羊の鍵の使用場所は
過去に攻略したアモーク要塞であることや、
国王救出後はアンブローズ西区の軍の連絡所に
連れて行かなきゃならなかったりと
そういう重要なイベントの流れはノーヒントなので
情報を聞き逃したり忘れたりすると
詰まる可能性があるのは昔のゲームならでは。

プレイしてて思ったのは、ネット上に本作の情報が少ないのは、
知名度というもの以上にクリア後に何の印象も残らなかったという、
プレイヤーが多かったこともあるのじゃないかなと思った。
王道とかスタンダードとか無難とか、言い方は数あれど、
人によってはそれらを通り越して退屈なレベルかもしれない。
様々なゲームから多くの要素を取り入れているのは分かるけど
それが小さすぎてSIMPLEシリーズのTHE3DダンジョンRPGとか
そんなレベルに落ち着いてしまった印象。
本作はライトユーザーや当時のゲームの雰囲気が好きな人には
楽しめる作品なのではないかと思う。

bgate06.jpg

おい、ジイさん、どこ触ってんだ!!
むしろこういうイベントをガンガン入れるべき。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
3
2
3
55
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

こんな感じの記事ばかり

2015.11.10 (Tue)
kurage.jpg

元々、自分の精神状態が異常であることに気づいてはいたが、
精神科に行ったら十中八九、疾患者扱いされそうなんで
この苦しみをどう開放したら良いのか分からない。
人生の歯車が歪に組み合わさってしまってるなと思う。
今思うと、色々と悪い要素が多すぎたな。
…そういや、他責の念が強いのは新型鬱の特徴らしいね。
いや、俺は仕事休んで元気に外出なんかしないけどね。
もうね、アホかと馬鹿かと。

不安定な自己を社会的関係で埋めようとするやり方は、
健常者でもやりがちではあるのだろうけど、
対人関係に大きなストレスを感じやすい人間には毒味も強い。
普通としてやっていくのが難しいからひきこもりになったわけで
それ以外のやり方でやっていく方法はないか、
負け組の俺だからこそ自覚して考えざるを得なかった。

自分にとって悩みは毒を持って毒を制す方法しか解決法が無く、
その悩み自体が解決したということは少ない。
またはその中で自然と過ごす内に、
時間と共になんとなく自分の考え方が
納得できる方向に変わって行き、
徐々に思考に対しての苦悩が薄まっていく流れだ。

時間と共に改善していく部分は確かにある。
薬(デパス)のおかげってのもあるが、それだけではなく、
経験を蓄積して、どんな時酷くなるか、どうすれば良くなるか、
そういうこともなんとなく分かってきて
対処がしやすくなっていくということもある。

例えば悪夢についての色々と調べて対処法を考察してみると
過去のトラウマや悩みが要因となる他に、
食事に関係することが分かった。
どうやら満腹の状態で寝ると
なんたらかんたらと言う成分が増える結果、
夢の質が悪くなり悪夢を見やすくなるそうだ。
ここ最近は食っちゃ寝を改善したり、夕食を抜いたりしたら
悪夢を見る頻度は少なくなった気がする。

悪夢に限らず、心象の問題は色んな要素が絡み合って、
これが決定的という治療法はないが、
徐々に波の上下を小さくする術を学んでいければ
改善されるのではないかという印象を受ける。
逆に強迫的な感覚が無いなら、それこそ異常だ。
人生に不安が無いと言い切る人間なんて俺は信用しない。

正常で異常

2015.11.02 (Mon)
年々心が弱っていくというか、崩れていっているような、
表現し難いが、とにかく精神状態が悪化しているのを感じる。
それでも幸せになれるかもしれないという、
ざっくらばんな淡い期待だけで生きてる。
本当に吹いたら飛んでしまうような脆い期待感。
いつ見失ってしまうかも分からない。

命あるものは皆、ただひたすらに生きようとする。
だが人間だけは生きるだけでは満たされない生物だと思う。
「生きてるだけで丸儲け」なんて、幸せな人間が使う言葉だ。
人は夢や希望がないと生きていられない。
だから自分は生きてなどいない。
そんな問答のようなことをしている今日この頃。

20代の頃はまだそんなに切迫感は無かった。
でも30歳半ばになり、特にここ最近、
いくつかのきっかけもあって、
ず~んとした重苦しさ、どんよりとした苦しさ、
なんだか沈み込んでいくような感じ。
何をするにも頭の中に不安感が付きまとい、
結局は何も出来ずに寝ているだけの休日が多い。

石橋を叩いて渡るのも大事なことだと思う。
でも俺みたいな人間には、もう行動しかないと思う。
いくら考えたって、今の状態が解決するはずが無いのだ。
現状は誰が見たって殻に閉じこもっているだけ。
解決策を考えているというより、過去の色々なトラウマや
想像の中での恐怖で縮こもってしまって、
思考停止しているような状態に近いかもしれない。
こんな状態で前向きなことなど考えられるはずもない。

考えてはいけない、考えてはならぬのだ。
居ても立っても居られずに、思いつくままに電話する。
「もしもし!別室に連行されて詰問されたりはしませんか?」
「もしもし!取材拒否や吊し上げに遭う危険性はありませんか?」
「もしもしー!懐古厨のネガキャンに騙されていませんかー!?」
「…ツーツーツー」

…やはりな、俺が存在することを良しとしない勢力の陰謀だ。
だが知ったことか、俺には背負うものがある。
オタク趣味も軽んじて良いような、そんな存在では無いし、
自分の人生にとって選び取るだけの価値があるものなのだ。
例え誰にも望まれていなくても、
自分とゲームの存在記録としてブログに書き綴るのみ。
こうして結局は開き直るという結論に至った。
 | HOME |