子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

LOVE&DESTROY

2014.01.26 (Sun)
本作は3DのロボットもののACT・STGだが、キャラクターデザインに
電影少女で有名(?)な桂正和氏を起用している。
俺は電影少女がジャンプでやっている時は
小学校低学年くらいだったから印象が薄いのだが
D・N・A2やシャドウレディはド真ん中であり
当時は「ジャンプでこんな漫画けしからん!」と
建て前そこそこにハァハァしながら読んだもんだ。
まぁ一種のツンデレだな。
ちなみにシャドウレディがプリクラで登場(^ω^ )
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
ld00.jpg
<タグ>ラブアンドデストロイ レビュー
突如現れた謎の生命体使徒ジャムにより
数十年の戦いを経て人類は滅んだ。
最後の最後に生き残った科学者が対ジャム専用兵器バトルポッドと、
その性能を変化させパイロットを導く
3体のQ-TRONと呼ばれるアンドロイドと、
ロボット教官エッグを過去に転送して息絶えた。

多少の時間のズレはあったものの過去にまで遡ったQ-TRON達は
ジャムに襲撃されている主人公の高校生に出会う。
ちなみに主人公は無個性型主人公なため
「無理だよそんなの…
見たことも聴いたことも無いのにできるわけないよ」とは言わない。

ld01.jpg

Q-TRONの3人は全て女性型で
開発順から姉妹のような関係となっている。
常識人で清楚な長女ルル、勝気と言うか粗暴な次女ビビ、
人見知りだが好奇心旺盛な三女キキ。
戦闘前に彼女達の中から一人を選択しパートナーにすることで
それぞれ3種類にバトルポッドの性能は変化。
残りエネルギーや撃破タイムによって戦闘後のスコアが上昇。
高ランクだとアニメムービーが流れる。

ld02.jpg

本作のムービーはPS1と思えないほど綺麗で
女性の胸や局部を強調させる桂正和ワールド全開(;´Д`)ハァハァ…

ld03.jpg

しかしゲーム的には問題点も多い。
3DのACT・STGなのにロックオンは不可能という仕様であり
照準はR3スティックで定めることになる。
オプションでボタン配置を変えられるがはっきり言って無駄だった。
R3のアナログスティックを動かしながら
○や×ボタンは押せないって。
スペースハリアーやアフターバーナーとかの擬似3Dじゃないんだから。

更に敵に対して自機の動きが浮遊タイプかつ緊急回避は出来ない。
ビビの場合、接近戦で仕留めようにも自機が突進する上に
敵と接触するだけでダメージを受けるので近接武器は役に立たない。
結局、ジャンプや後退して当たらないことを祈りつつの遠隔戦となる。
せめて緊急回避くらい出来れば良かったな。
やっていることはシンプルでありながら、
照準合わせと避け、両方やらなきゃならないってところが辛い。
2つ分の脳みそがいるような複雑怪奇なシステム。

ld04.jpg

また、肝心のQ-TRON達のナビゲーションも大概で、
最初の方はまだそれらしい反応を示すものの、
仲良くなるたびにキャッキャウフフなことを喋りだし
どんどん戦闘とは関係のないことを話しだす。
人間らしくなっているのを表現したかったのだろうが
むしろ正常な人間ならこんな状況でそんな会話はしないw
つか、画面が暗転してドアップで表示されるのはどうかと思う。

ストーリーもちょっと投げっぱなしかなという印象を受けた。
説明書では無駄にシナリオや裏設定が充実しているけれど、
ゲーム内での説明が一切ない。
ごく平凡な学生である主人公が選ばれた理由は
ルル編を高スコアでクリアしないと分からないものとなっている。
ドラえもんの都市伝説みたいな感じ、青だけに。

ld05.jpg

総評すると、狙っているのかそうでないのか、
いまいちよく分からないギャルゲー風味のB級ACTで
昨今の世間一般の注目を集めるようなソニーとは違う、
一般層なら流してしまうような雰囲気漂う内容のため
これはそれほど売る気の無い、
もしや桂正和氏がソニーのパトロンになって作ってもらった、
趣味的なものではないかと思ってしまった。
まぁ桂正和氏が好きな俺は結構楽しめたし、
ゲーム自体の難易度はラストステージ以外は高くないので
一度攻略の仕方を覚えれば問題無かったりする。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
2
3
3
59
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

ゲームで考える女性優遇社会と露出装備の謎

2014.01.18 (Sat)
男女の差という大まかなカテゴリで物事を比較するのは未熟者。
…そう思っていた頃が俺にもありました。

dqheroine00.jpg

昨今では様々なゲームで強力な女性専用装備が増加傾向にあり、
キャラの性別を選べるFCのドラクエ3辺りから優劣が付いた気がする。
更に女性専用の防具って大抵露出度が高めの物が
守備力が高い傾向にあるのがワケ分からんw

女戦士やアマゾネスの場合だと最低限の装備で出来るだけ身軽にして
背水の陣として素早さを重視するのもありだ。
シャアじゃないけど「当たらなければどうということはない」理論。
そもそもアニメやゲームでも
女性がムキムキの男性に勝つことはあっても、
それが力比べで勝利するような展開は記憶に無い。

実戦では致命的な欠陥となり得る乳房の形にフィットした鎧、
ついには露出の多いデザインで完成された上に、
「どう見てもあぶない水着です、本当にありがとうございました」って
物も珍しくはなく、性的嗜好でデザインされたものは非常に多い。
あぶない水着は納得の防御力の低さだったが、
魔法のビキニは高ランクの防御力を誇った。

実は魔法の効果で防御力を高めてるってのも十分あり得る。
防具は魔法の防御力を引き出すための媒体ってわけだ。
じゃあ魔法の鎧の方がより強力って気がしなくも無いが…
実は防御力が高いのではなく、
相手が見惚れたり、手加減してくれてるとかか?

dqheroine01.jpg

SFC版では更にたくさんの女性専用のエロ装備が増え、
以降のシリーズに続きその傾向が顕著になり、
女性キャラは男性キャラの上位互換的なシステムが完成した。
男性専用防具もあるにはあるのだが
ステテコパンツやシルクハット、カメの甲羅など
「そんなのトルネコやサンチョしか着ねーよ」的な
大して役に立たないものばかり。
ドラクエ4コマ劇場ではこのことに腹を立てたライアンが
天使のレオタードを着る暴挙に出てパーティを全滅させたw

アメリカでは今でもムキムキの男が似たような格好するけどさぁ、
ラスタンとかアックス・バトラーとかもう流行らないだろうな。
クレイトスはあの外見が魅力じゃないしな。
でもジジイとか30代以降のおっさんで格好良いのきたら
そっちを好きになっちゃうんだよねぇ。
パパスとかFF7のシドとかアーロンとか。
…って、毎度ながら記事タイトルから完全に話がそれてるorz…

お姉チャンバラZ ~カグラ~ With NoNoNo!

2014.01.05 (Sun)
oczkn00.jpg

セクシーな水着のお姉ちゃんや女子高生がゾンビや怪物を斬り殺し、
その返り血で暴走するB級エログロゲーム、お姉チャンバラシリーズ。
本作では咲と彩の姉妹が主人公ではなく、
それを付け狙う神楽と沙亜也の姉妹が主人公となっている。

姉の神楽が彩に対抗意識を燃やして
わざとあの格好をしている敵役とか良い設定だと思った。
妹の沙亜也がそんな姉と咲に服装を合わせているのも笑える。
つか、俺は淡々としている彩と咲の姉妹より
対極でメリハリがあり、お互い支え合ってるこっちの方が好きかな。
ライバルキャラになりきれない、いかにもな偽物っぽさが◎
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
oczkn01.jpg

ゲームの流れは敵を殲滅しながら移動→ボスと遭遇して戦う→次へ。
わりとスタンダードだがイベントが少ない!!
OPのスカイダイビングで不時着とか、
ボス敵をヤンキー座りで手を叩いて犬みたいな扱いにするとか、
そういう光る面白い演出が過剰なほどあれば良かったと思う。
この路線のゲームこそムービーゲーにすべきだと思うんだけど。
それと使い回しの敵に対してのメタ発言も正直笑えなかったね。

戦闘については最初は微妙というか、
妙に敵が硬く感じて爽快感が無かったけど
武器を買ったり技を習得したり、強くなれば一気に化けるね。
QTEもそれほど煩わしくないし演出としてありだと思う。
そしてこのシリーズの醍醐味である暴走モードはボス敵すら瞬殺可能。

oczkn02.jpg

ちなみにCOOLコンボを狙っていくより、
ヴァンプ・スキルを乱発する方が効率が良い。
むしろスキル乱発ゲーという印象すらある。
上手い人はそんなことはないのかもしれないが、
俺は苦労してBランクより、チェイサー乱発してVランク、、、う~ん。
神楽はミラージュで立ち回って、ボス戦は沙亜也の暴走でゴリ押しか。

また、沙亜也の基本性能がどう見ても神楽より数段下なんだが
この性能差はどうにかならんのかな。
チェーンソーの破壊力が抜群とかどう見てもハッタリだし
ナックルの攻撃範囲は初代北斗無双のケンシロウ並み。
どちらにしろ乱戦でまるで役に立ってくれないのが痛い。
ヴァンプ・スキルと暴走、2つのシステムに救われてはいるが。

oczkn03.jpg

本作はザコの攻撃にしてもボスの攻撃にしても
多段攻撃がかなり多いけど、多段って普通は喰らった後の
カウンター対処なりガードからのガードキャンセルなり
対処するしないかでのダメージ差を出すためのものだと思うんだけど。
カウンター援護のキャラチェンジや
無敵時間ありのカウンター特化ヴァンプ・スキルみたいな、
そういう対処法があることを前提で多段攻撃を多めに作ったけど
結局対処法を入れなかったみたいな大味さを感じる。

わりとカメラワークが酷く、攻撃を喰らって吹き飛ばされると
なぜかプレイキャラそのものを回転しながらカメラが追いかける。
その後、カメラに映るのは正面を向いたプレイキャラというw
これは敵対象をロックしていれば回避出来るが、
ロックのボタンを押しっぱなしにしないと解除される。
一つのボタンを押しながら他のボタン押すのって結構大変だよ。
それとボスにQTE決めた後になぜかボスに対して
後ろ向きになってしまう時もあって厄介だよなぁ。

oczkn04.jpg

コスチュームチェンジは本作ならではという感じ。
箱板でユーザーをヤキモキさせた沙亜也のきわどい水着もデフォ。
装飾品は大きさや座標を自由に変更出来る。
ちなみに角や棒、尻尾なども体の全ての部分に対応してるので
胸や股関にも装着可能、、、いや、言っただけですよ!?
しっかし、沙亜也の方が身長高いのは別に構わないが、
神楽の水着を着ると姉より巨乳に見えるのは気のせいか?
それは神楽のポジション的にやっちゃいけないんじゃないか??

oczkn05.jpg

そしてなぜかドリームクラブから参戦したノノノだが、
人気というより双葉理保の代行なんじゃないかなと。
理保は声優の後藤邑子さんが休業中だから参戦出来なかったと。
基本的にノノノのシナリオの流れはメインと一緒だが
他キャラとのかけ合いはかなりやっつけっぽい。

元々が結構凶悪なキャラ設定なのでこれはこれでありだが、
もし理保なら、同シリーズに参戦していたし、
他のゲームで共演してるからイベントに期待出来たんだけどな。
理保が今現在どれほど需要があるかは分からない。
…あぁ、やっぱりノノノが選ばれるべくして選ばれたんだ…

oczkn06.jpg

総評すると攻撃が多様で純粋なアクションとして楽しめる。
かなりの数の敵、血しぶき、エフェクトを同時に表示しても
ほとんどフレームレートが下がらないのも好印象。
ただ、本作と似たような系統のベヨネッタと比較すると、
大味&シナリオがスカスカでガッカリするかも。
まぁシリーズ通してのファンならあまり文句は無いと思う。
いつものお姉チャンバラ、これはこれで良いと思うよ。

oczkn07.jpg

最後に、血液の色を赤、白、黒から選択できるんだが
白くするとかなり、、、いや、なんでもない…
牛乳おいしいですよね。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
2
3
3
56
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

2014年開始

2014.01.01 (Wed)
あけましておめでとうございます。
去年というか、昨日の紅白は凄かったですねぇ。
おそらくテーマは「空気を読むな」だったんでしょう。
もうなんて言うか体育会系のノリで、
バラエティ系は見ない俺にはただただ苦痛でしかなかった。
一時間くらいして親が「くだらない」とか言って寝始めたので
自分も部屋に戻ってゲームしてました。

今現在、まだ実家に残ってPCから更新しています。
自分のようなひきこもり気質の人間は、
結局どこにいてもやることは同じなのであります。

しかし、人間万事塞翁が馬。
何が福となり災いとなるかは、一見して分からない世の中。
もし外に出歩いていたらDQNやキチガイに絡まれて、
刃物で刺されていたかもしれません。
いや、少なくとも可能性は0ではないわけで、
むしろひきこもっていたから生き延びているという
可能性があったりなかったりしてちょんちょん。

ちなみに「人間万事塞翁が馬」とは…
ある塞(城塞)のほとりに、老人とその息子とが暮らしていた。
ある日、彼ら親子の馬が突然逃げ出してしまったため、
周囲の人々は馬を失った親子を気の毒がったが、
当の老人は「不幸かどうかは果たして分からんよ。
もしかしたら良いことがあるかもしれない」と平然としていた。

間も無く、逃げ出した馬は立派な名馬を連れて戻ってきた。
不幸が転じて幸運となったために
周囲の人々は親子の幸福を感心したが、
老人はやはり平然として逆にこう言った。
「もしかしたらこれが災いのもとになるかもしれない」

間も無く、息子がこの馬から落ち、
脚が不自由となってしまったため周囲は同情した。
しかし老人はそれを見て
「これが幸福を呼ぶことになるんだ」と言い、動じなかった。
その直後、戦争がおきて、町の若者がほとんど戦死したが、
足を折っていた老人の息子は、そのおかげで命拾いした。
(Wikipediaより抜粋)という話が由来になっております。
俺はこの考え方が凄く好きです。

…とは言ったものの、連休中は何やろうか…
俺は実家にいる時は食料問題が解決されるために
ガチで一週間とか一歩も外に出なくても平気な人間なんで
ひたすら寝たり、ネットで動画でも見るんだろうな。
それとゲームのおかげで暇はしそうにないけど、
もし積みゲーが無かったら精神的に完全に死んでるわ。

そういえば、去年の記事を閲覧してみたら、
丁度今頃は和室の改装をやっていたんだなぁと感慨に耽った。
あの時は、和テイストがなんたらかんたらと
職人気取りで調子に乗って語っていたけれど、
今となっては廃墟のように放置されちゃっていました…

haikyo.jpg

日の当たり加減が絶妙で、なんか雰囲気出てる、悪い意味で。
カーテン(?)の奥は物置みたいになっていて、
布の隙間から何か変なものが覗いてきそう。
なんか零っていうホラーゲーム思いだしたわ。
妙なデコレーションせずに無難にふすまと戸を戻しとけよ。
イマイチ年寄りのセンスってのは分からんな。

そして初夢なんだけど、断片的に憶えてるんだが、
エドはるみのマネージャーという設定だった。
ネット上での批評のせいだろうか、
実際会ったこともないのにエドはるみはワガママキャラだった。
多分「グ~」とか「コォ---ッ」とかは言わなかったと思う。

そして休息場所のホテルに着いたら、
エドはるみに誘惑されてエロいことをしたんだが、
記憶ではその実感はあったものの具体的な内容は憶えていない。
…こんな感じで新年スタートです(どんな感じだよ)
 | HOME |