子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

キノの旅II -the Beautiful World-

2013.09.22 (Sun)
kino200.jpg

知る人ぞ知るキノの旅のノベルADV第2弾。
前作のレビューから現在14巻まで読み終わった状況。
やはり唯一無二だからかキノの旅は面白い。
俺みたいにゲームから原作に入る人は珍しいかもしれないが、
そもそもキノの旅は短編から一つの巻の7割を占める長編があったりと
普通のラノベとは異なる構成で一つ一つの話が独立しているので
1巻から読み始めなくても
概ね理解出来る内容になっているのが強みか。

さて、本作は原作のエピソードを踏襲しつつ、
プレイヤーはセイという旅人ととして物語を進めることになる。
セイは年齢的にはシズと同じくらいだろうか。
戦闘力はチートが多い原作キャラや、ならず者と比較すると
弱くはないが強くもないという微妙さ絶妙さで良い感じ。
そして彼の目的もプレイヤーが任意に決めることが出来て、
キノの友人から敵として原作キャラと関わっていくことになる。
ただ、あくまでキノを探し出すのが目的なのだが、
このキノは初代の方であり、2代目(主人公)の方ではなかったりする。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
kino201.jpg
<タグ>黒星紅白 素顔 画像
個人的に、セイが世界観に違和感無く、むしろ有りだと感じた。
原作のエピソードの後日談に上手く溶け込んでるし、
主人公らしい外見で、かつ、声優の声質と演技も良い。
ただ「初代キノと恋人」「師匠の物語を書く」の選択肢は
さすがにねぇと思ったよww

kino202.jpg

「大人の国」
キノがキノを名乗り、旅に出ることになった始まりの話。
12歳の誕生日を期に、嫌なことや間違っていることも
絶対にやらなければならない大人にするために、
「大人になる手術」を受けることになる少女が
キノと名乗る風変わりな男の旅人と出会い興味を持つ。
その旅人はキノに大人として縛られない生き方を説くが…

kino203.jpg

「祝福のつもり」
シズと陸がコロシアムでキノと出会う前の話。
貧富の差の激しい街の低層住宅の宿屋でラファという少女に出会う。
彼女は働かない家族の生活費を稼ぐことからの束縛されるのを嫌い、
シズに自分を買って一緒に旅をすることを懇願する。

kino204.jpg

「絵の話」
キノが旅で訪れた街で、ある画家の描く戦車の絵が流行っていた。
街の住人によると、その絵は戦争の悲惨さを表現しているとのこと。
街の外でその話題になった画家に出会い、
キノはその画家が単に戦車が好きで絵を書いてるのだと語る。
この話は後日談の「続・絵の話」に繋がり、
その後、シズがその街を訪れることになるのだが、
街の住人達は戦車が描かれた大量の絵を燃やしていて、
画家を詐欺師呼ばわりしている真逆の事態になっていた。

kino205.jpg

「歴史のある国」
師匠と弟子の若い頃の立てこもり事件革命の話。
独裁国家の国のあり方まで変える。
単に暴れるだけではなく生かさず殺さずの師匠の心理作戦が巧妙w
平和になり時が過ぎ、師匠を称える記念碑を眺めるキノに
孫を連れた左足の不自由な老人が誇らしげに語りかける。
歴史は歪曲されるもの。

短編ではキノと師匠の生活を描く「何かをするためにa、b」
「中立な話」「悪いことはできない国」
色々な国の話をデフォルメして積め込んだ「いろいろな話」など。

キノの生い立ちや主要人物のエピソードが多いので
1よりもキノの旅未読者向けだったりする。
そして更にシステム面や感情移入度は前作より洗練された感じ。
まぁ相変わらずつまらないミニゲームはいらなかったかな。
シズのガンダムネタ(共鳴とコロニー落とし)は面白かった。

元々キノの旅は裏をついた話だったり、理不尽な話もあったりで
癖が強く人を選ぶ作品なので実にオススメし難いのだが…
ゲーム以外だと船の国や平和な国、電波の国なんかが面白かったね。
それと、あとがきが色々な意味で遊び心があって良いね。
本作にもオマケとして付いてますw

kino206.jpg

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
4
3
3
4
68
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

アンリミテッド:サガ

2013.09.14 (Sat)
連休直前で気分が高揚して、かなり調子が良いので、
たまにはRPGのレビューでもしてみます。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
ulsaga00.jpg

「アンサガ」とは?
PS2のRPGで、クソゲーとしてあまりに有名な
アンリミテッド:サガのことである。
むしろ「クソゲーと言えば?」と聞くと、
ハードに関係無く上位に挙がるであろうほどの作品。
ヤバい、、、テンションの上がり方が躁鬱の躁状態だわ。

GBのサガシリーズとは全く別のものでありながら、
自由な選択肢とシステムで多大な評価を得たロマサガシリーズ。
(個人的に2以外は世間の評価ほど楽しめなかった)
味と取るかで評価が分かれるサガフロシリーズ。
本作はそれを通り越してボードゲームとルーレットゲームに!
さすがの歴代のサガファンも、テーブルトークRPG風の
サガをプレイすることになるとは思わなかっただろう。

ulsaga01.jpg

「マップの移動の仕方がわからない」「階段の昇り方がわからない」
ネタのようでルビィ編の序盤で実際起こったであろう現象。
FCのRPGにすら無い、プレイヤーに強烈な印象を残したゲーム。
全体的になんかPCゲーム臭い。
斬新と言うか、残念と言うか、
とにかく開始5分で不安感がアンリミテッドに。

以前、俺はこのゲームのシステムがわからずに、
全身鎧でクリアしてさっさと売ってしまったのだ(200円で買い戻す)
ちなみに全身鎧とは、頭、足、装飾全てに鎧を装備する、
バグではない普通に存在する荒技で、
当然守備力は劇的に上がり、難易度は大幅に下がるが
↓どうにも美しくない(某アヌビトいわく)

ulsaga02.jpg

また、説明書に詳しく書かれてないキャラごとの資質が曲者で
主人公の一人であるキャッシュは、
元騎士で現役冒険家、筋骨隆々の頼りになる性格イケメンだが、
実は7人の主人公達の中では力と技の資質が低く、
適当な武器持たせておくに留まる設定負けの弱キャラとなっている。
呪いのガントレットというマイナススキルまで付けられ、
それが外れないメインシナリオ以外では完全にいらない子状態。

ローラが短剣の高パネルを持ってるから
それを鵜呑みにすると、実は短剣より長剣向きのキャラだったり、
グレースは最初から多彩な水術を使えるのに
実は水術の資質は最低だから後々キツいことになったり、
ガチムチ体系のバーストが完全な術師系キャラだったりと
気づかないとFEでジェイガンを育てるような状態に…
なぜこのゲームはそういう嫌がらせを仕込むのだろうか。
定価で買っただけで相当嫌な思いをしてるのに。

とは言え、本作は攻略サイトが多数存在するのが救い。
どこのサイトでも解かりやすく記述してある。
また「アンリミテッド:サガ 解体真書」を買うことも勧める。
今となってはゲームソフトの10倍ほどの価格だが、
荒削りながら奥深い(ような)アンサガのシステムや、
やたら力の入った小説と読み応えは十分ある。
何よりイスカンダールのファンになること受け合い。
「これを読んで実施したらモテモテになりました」状態に。

ulsaga03.jpg

また、曲やBGM、音楽などは総じて高い評価を得ているのだ。
BGMは7人各々に用意されており、キャラの雰囲気に合っている。
戦闘BGMは勿論、ローラ編とキュシュ編のBGMは特に好きだ。
ほんとに音楽やBGMや曲など、良い要素がたくさんあるゲーム。

ulsaga04.jpg

シナリオは、おそらく唯一王道路線ではないマイス編が好き。
仲間が全て女性キャラというのが笑える。
キムタクがハーフの黒人になったような外見だから
そういう点も踏まえての女パーティシナリオなんだろうが
さすがにローラまでついて来るのは驚いた。
まぁ彼女は年下好きっぽいので考えられなくはないか。

ulsaga05.jpg

最後に個人的な本作最大の魅力を語らせて頂くと、
誰を演じても子安になる子安武人氏が獸人アーミックを演じている。
単にクマのプーさんのモノマネでしかないが
子安編にならなかっただけでも頑張ったと評価して良いはず。
子安の音域の幅と可能性を広げてくれたアンサガには
それだけで感謝の気持ちで、、、やっぱそれほどでもないな。
まぁシステムを理解して、サガシリーズと考えなければ、
意外と楽しめたりはするんだけど…(´・ω・`)

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
5
2
3
3
60
(※上は解体真書有りの評価で、下は無しの評価です)
グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
5
1
2
1
39
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

いちりづか

2013.09.01 (Sun)
今日は休日なので、たまには自然に触れてみようと
自転車で郊外を離れた山道を走ってきた。
昨日の雨と霧により湿った道路の横で、
沢の柳の木の枝がゆらりゆらりと揺れていた。

しばらくスピードを落として走行していると、
山道に一定間隔で置かれているお地蔵さんを見かけた。
なんとなく怖い気分になるのは稲川淳二のせい。
おそらく、上記のような魂への鎮魂や、
昔の旅人や修行僧への道しるべと
旅の無事を祈るという意味合いで設置されたものだろう。

意外なことに花瓶の花は新しかった。
誰かが日頃から定期的にお供えているのだろうか。
それとも、何か不思議な力で枯れない花になったのか。
そんなポエマーな気分に浸る寒空の下。

俺は宗教には無関心で信仰心も薄く、
信じる対象は家族以外に無い。
しかし、神はいないと思いながらも、
便秘でお腹の痛い時は助けてほしいと神に祈る。
それと同じように皆、昔から道端のお地蔵さんに信仰をささげて
助けてほしいと懇願したことだろう。
過酷な人生に疲れた多くの人々を見捨ててきたのか、
それとも見届けてきたのか、このお地蔵さんは…

俺もあなたも人生という旅路の途中ということで。
それでは、また…

gasyan.jpg
 | HOME |