子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

ドラゴンズクラウン

2013.08.25 (Sun)
dc00.jpg

ファンタジー世界を舞台にしたベルトスクロールACT・RPG。
剣や魔法を駆使して、並み居る敵をなぎ倒す、
テーブルトークRPGの要素を盛り込んだ20年ほど昔のゲームのノリで
良くも悪くも正統派、王道のテンプレのような内容となっている。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
dc01.jpg

グラフィックが美しく、光と影の描写が絶妙で角度により変化。
一見、ただの一枚絵のようでも多重スクロールしていたり、
キャラの仕草の一つ一つが細かくて妥協がないように感じた。
背景は絵画とも言えるレベルで芸術的ですらあり、
グラフィックによる職人技はさすがヴァニラと言った感じ。
敵の数や大きさを考慮して自動で画面サイズを変更してくれる。

操作も複雑なコマンド入力などは無く、
難易度をいつでも変更可能なので
ACTが苦手な人でもガチャガチャやっていれば何とかなるので
無双と似たベクトルで幅広い層に楽しめると思う。
ファイターやアマゾンで武器を振り回して敵を倒していくも良し、
ウィザードやソーサレスで魔法を駆使して戦うも良し、
全6種のクラスによってプレイスタイルが大きく変わる。
RPGらしくアイテムを駆使する戦略性も備わっており、
想像以上にアクション要素がしっかりしていると感じた。

dc02.jpg

ほとんどの技が多段ヒットするので爽快感バツグン!
打ち上げ攻撃、ふっ飛ばし攻撃、ダウン攻撃などがあるので
どんなコンボや連携がつながるかキャラ別で攻略するのも良い。

HPの他にLPがあって、それが尽きるまで復活できる。
サガシリーズのLPとそのまんま同じだな。
LPが無くなってもお金を払えばコンティニュー可能。
コンティニューは回数増えるとネズミ算式に金額が増えるが
逆を言えばお金があればいくらでも復活できる(ラスボス戦除く)
ちなみにNPCが死んでも自腹で復活させられる。

ゲームの流れはWizそのもので、
ダンジョン探索→お宝回収→ボス戦の流れ。
武器と防具の質はレベルにより依存するためハズレは少ない。
一度のプレイでは中々気が付かない隠しルートや宝箱、
ルーン文字による仕掛けなど発見する楽しみもある。
古代神殿の遺跡、忘れられた聖域、幽霊船の入江をクリア後、
冒険を続けることでボーナスゲームのキャンプに移行するが
料理を作って能力に補正をかけるのが地味に楽しかった。

ダンジョンで、なんか呟いてる戦死者の遺骨を寺院に持っていけば
蘇生の金額を払った上でパーティに加えることができる。
ただ、NPCの武器と防具は修理不可能でレベルアップもしないので
プレイヤーとのレベル差が広がったらどんどん別れる感じ。

dc03.jpg

街は一箇所しかなく、パーティー編成する酒場に、
仲間を蘇生させたり、戦闘ボーナスや難易度を変更する寺院、
アイテムの売買と修理を行う道具屋、
ギルドなど最低限のものは揃っている。
そう言えば画像の司祭を見て思ったんだけど、
頭身おかしいの多いよね、ファイターとかギルド長とか。
なんかキャプテン翼みたいになってるんだけど…

dc04.jpg

負傷した女僧侶の戦士エロすぎ、、、じゃなかった…
昨今のゲームのようなシナリオやキャラごとのエピソードはほぼ皆無。
王宮内での権力闘争はあるものの、イベントは基本そっけなく、
ダンジョン内の分岐ルートの選択でカットインするだけで
一般的な会話をして、イベント発生させるようなゲームとは全くの別物。
登場人物も少ない上に、主観のみで話が進むので
いきなり出てきた感が強く、感情移入が難しいかもしれない。
エンディングも非常にあっさりしており、FC時代を彷彿とさせるほど。

dc05.jpg

一番気になる点は乱戦が基本で、派手なエフェクトやアイテム表示、
巨大なモンスターまで入り乱れたら最後、
自分がどこにいるのかわからなくなることが多々あった。
制作者もそれは十分わかっているようで、
自キャラにはシンボルと赤いサークル、さらに名前まで表示されるのだが
結局見つけるまで数秒かかるということはザラだった。

また、本作はノーマル、ハード、インフェルノの順に難易度は高くなるが
オンラインを考慮してか、レベル制限がかけられており、
レベルの過度分は差し引かれるので
同じ敵相手に同じような戦闘の展開を繰り返しているのに
画面上の数値は固定されてしまうので成長の実感が薄いかもしれない。

なんだか不満点が多いようなレビューになってしまったが、
それを差し引いても十分すぎるほどに良作だと思う。
最近の大作RPGのような膨大なやりこみ要素は無いものの、
「もっと遊びたい」と思うほど面白いゲームだった(ちなみに現在進行形)
サクッと楽しみたい人や接待用にも向いているかもしれない。

dc06.jpg

現代のスペックをフル活用しながら、
懐かしさを感じさせてくれる理想のゲームで
一昔前にゲームセンターなんかに置いてある筐体を
自宅で楽しめるような懐かしい感覚と興奮を覚えた。
2Dのベルトスクロールという今ではほとんど見ない形式だが、
作り手の熱意が伝わって来るほどの作り込み。
ぶっちゃけ、懐古ゲー的な側面が強いけど、個人的には高評価の作品。
SFC時代の2D・ACTを楽しんできた人に特にオススメ。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
4
5
5
89
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

プロジェクト・ミネルヴァ プロフェッショナル

2013.08.18 (Sun)
pmp00.jpg

藤原紀香演じる特殊部隊エーキューブの隊員アリシアが
兄の仇である巨大組織ミネルヴァ社に復讐するベタな展開のFPS。
この特殊部隊はミネルヴァ社の下請けの下請けみたいなものだが
ミネルヴァ社のアンドロイドが各地でヒャッハーし始めたものの、
ブラック企業らしくそれをガン無視したことに反旗を翻した模様。

実は昔、無印版を定価で買ったんだが即売りレベルの駄作だった。
俺は熟女スキーなので若い頃の紀香には興味無かったのに
どうして発売直後に買ってしまったんだか…
まぁリニューアル版である本作はラストステージの調整を始め、
駄作ではないが佳作でもないという微妙な進化という印象。

しかしどう見ても紀香は「アリシア」ってツラじゃないよな。
回想シーンで出てくる兄は明らかに白人だし、
ハーフとして考えても微妙な感じ。
山本スーザン久美子とかの方がそれっぽいのにな。
どうにも乗れないので、以下、主人公をアリシアじゃなく紀香で記入。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
pmp01.jpg
<タグ>パチンコ パチスロ
ゲームの流れ的にはミネルヴァ社の兵器を破壊することで
その破損パーツを青野武さん声の博士に提供し、
新しい武器やチャイナ服や水着を開発してもらえる。
ただ、武器は開発されてすぐ使えるわけではなく、
資金と装備に必要なレベルを要求され、
レベルが低い内は一長一短な武器を選択するしかない。
まぁ本作はレベルがサクサク上がるからこれは問題無しかな。

pmp02.jpg

移動時のカメラ視点は上下に動かすことは出来ず、ほぼ固定。
相変わらず全ての銃で主観視点になってしまい、
一番マシなハンドガンすら上の画像のような状態。
大部分の武器が他のゲームで言うところの、
スナイパーライフルのような主観視点になっている。
これにより前方以外は全くの無防備になってしまう。
オートロック機能は無く、照準移動が遅いことも難点。

ちなみに全ての銃による攻撃が画面端まで届いたりする。
これにより、障害物が少ないステージの敵や、
当たり判定の大きい巨大兵器は狙い撃ちも可能。
その上、弾丸無限で構え直しで即行リロードというチート仕様。
その反動か、敵が機械という設定のせいなのか分からないが
やたら頑丈でかなり攻撃を当てないと倒せなかったり。

本作では武器を4種類持っていける。
さらに手榴弾は別枠という歩く武器庫っぷり。
新武器で初めての近接用の武器、ビームサーベルは癖があるものの
1対1に持ち込めれば瞬殺も可能だ。
接近戦に対処し難かった前作の悪い点を払拭している。
まぁ結局、銃の方が有利という結論に至るがロマンなんだよ…

pmp03.jpg

個人的に一番厄介なのは、紀香は敵の攻撃を受けると
大股開きでだらしなく倒れることがあるのだが、
夢遊病者のようにフラフラゆっくり倒れ込む。
これが地味に曲者で、無敵時間が無いために、
この間に敵の攻撃を受け続ける。
これにより一発の攻撃で瀕死状態になること多々。
マジ起き攻め半端ねぇ(そういうゲームじゃねえからこれ!)

pmp04.jpg

ただ、他のゲームに比べればまだまだ弱いが、
NPCもそこそこ使えるようになった気がするよ。
前作は本当にウロウロするだけだったが、
本作は索的能力とスキルが強力になっている。
相変わらず敵との間に壁があっても普通に壁を撃ち続けるけどなw

ミッション数は豊富だが、前作同様に水増しが多い。
敵の殲滅、拠点の防衛、人質救出。
時間帯や天候の変化はあるがほんとそれだけ。
俺は純粋にゲームが楽しめればそれで構わないが
シナリオ重視の人には単調で物足りないかもしれない。
ちなみに全てのミッションをこなさなくても、
チームレベルさえ上がれば新ミッションが追加されるので、
稼ぎやすいミッションだけ選択してもシナリオは進む。

俺は結構楽しめたけど、無印版を経験したからそう感じるのかも。
ミッション中の紀香をもう少し小さく表示しても良いくらいだが
まぁファンサービスとしてありがたく紀香の尻を眺めよう。
これはきっとケツゲーなんだ、うん。
敵の赤外線が紀香の体を照射するのがまたエロいし。
紀香が好きなら買っても良いが、難易度は高めでムービーは少なめ。

pmp05.jpg

最後に陣内ホイホイ(^ω^ )

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
2
3
3
56
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

マリオゴルフ ファミリーツアー

2013.08.04 (Sun)
mgft00.jpg

前に奇抜なゴルフゲームのケロケロキングのレビューをしたけど、
マリオゴルフもレビューしようと思う。
つか、今現在ファミリーツアー(GC)しか持ってねぇw
それにしてもマリオのスポーツものって本当に話題にならなくてワロタw
もう完全に、みんゴルこと、みんなのゴルフにその座を明け渡したが
マリオが登場するキャラゲー的な魅力は語り尽くせない。
マリオファミリー以外のキャラは登場しないけど、むしろそれで良い。
今だったらトチ狂って岩田とか出しそうだし。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
mgft01.jpg

64版やGB版は、いたって普通のゴルフコースが多かったが、
本作はピーチキャッスルやクッパワールドなど、
マリオ系のギミックが多く、それらしい作りで好感が持てる。
そしてキャラの打ち方にも個性があって良いね。

モードは豊富かつ、マリオならではの遊び心は健在で
パターだけで遊ぶパターゴルフは勿論、速さを競うスピードゴルフ、
コース上に浮かんでいるリングにボールを入れていくリングショット、
スロットで使用するクラブを指定するクラブスロット、
ステージ上に点在するコインを集めるコインショットと多彩。

mgft02.jpg

ショットは2種類あり、飛距離を設定後、
ミートカーソルを自動で補正してくれる「かんたんショット」
そして、ミートカーソルにボタンを合わせる、
いわゆる、みんゴルの操作に当たる「テクニカルショット」
こちらはミスショットによるリスクを伴うが、
バックスピンやトップスピンによる細かい操作が出来る。
かんたんショットによりミートカーソルを無視出来るが、
必ずしもジャストタイミングにはならないデメリットもある。

説明書にはスピンショットとして、
バックスピンとトップスピンのやり方しか書かれていないが
スーパーバックスピンとスーパートップスピンも存在する。
それぞれミート時にB→A、A→Bと入力すれば可能。

mgft03.jpg

まぁ結局は、こうした点からショットによる操作技術よりも、
風の向きと強さ、地形の高低差を念頭に置きつつ、
ボールの飛距離と着地点を予測する重要性が大きいがため、
小学校中学年レベルの計算力が無いと詰む。
おそらく本作がつまらない人は、ゴルフに興味が無い人か、
計算出来ない人のどちらかだろう。

カメラワークは微妙というか、GCのコントローラとの相性が良くない。
ゴルフゲームは微調整が物を言うゲームなのに、
ボタン配置のせいで操作性がややこしく、慣れに時間がかかる。
また、目の前に明らかに打つのが無謀な障害物があっても
そんなのは無いかのように平気で直線距離を打たせようとする。
それはさすがに改善されてて当たり前だろ。

自分で工夫すれば改善出来るため、システム面は決して悪くは無いが
みんゴルと比較すると、もう一歩、、、ってな印象だった。
ジャンル云々よりも、開発元が同じだからどうしても比べてしまう。

mgft04.jpg

ただ、前述通りマリオキャラの魅力は揺るぎないものだし、
キャラ選択でマリオのテーマ曲を口ずさんでるピーチは反則。
ヤバい、、、本作のピーチはマジ可愛い…
飛距離こそ短いが、弾道は普通のストレートでコントロールが高い。
本作は飛距離よりも精度を断然要求されるゲームなので
マリオテニスGC同様に強キャラとなっている。

mgft05.jpg

しかし、肝心のデイジーの弾道が高めのドロー、コントロール低めって…
それ以上に声がおばさんっぽいのが悲しいorz…
「イェスッ!」とか「フヌンッ!」とか正直萎える。
デイジーの声優は固定じゃないから仕方ないが、
マリオカートダブルダッシュの声が一番可愛かったな。
…と思ったら、同じ声優だったorz…
まぁ声優だから声質なんてキャラによって変えられるだろうし、
本作ではデイジーはパワータイプだから、
女子プロレスラー風にお願いしますとでも言われたんだろう。

総評すると、マリオのゴルフシリーズ全般に言えることだけど、
難易度は高めで、マリオのゲームとしては珍しく敷居は高い思う。
全体的にバンカーが嫌らしい場所にあり、池や崖が多い印象だ。
クッパワールドで俺はコントローラーを振り上げ、
2度ほど地面に叩きつける八つ当たりを行った(…誰の真似だよ)
みんゴルの「みんなのゴルフ」たる所以が分かったような気がする。
まぁ64版が楽しめた人なら問題無くすんなり楽しめるだろう。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
4
3
2
4
3
64
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)
 | HOME |