子供心を忘れたくても忘れられないゲームオタクの日常

指定期間 の記事一覧

ラブ★アッパー!

2012.09.30 (Sun)
loveup!00.jpg

かなりモッサリした挙動のボクシングゲームなんだけど、
双葉理保と麗子先生、職業軍人以外はいたって普通の女性なんで
動きの重さはこんなものでも良いだろう。

明らかに難易度の緩そうな雰囲気のボクシングゲームだが、
どうやらTHEボクシングのエンジンを流用しているらしい。
そのためか3人目のフライ級戦になるといきなり難易度が上がり、
こちらが少しでも射程に入ると必殺技連発する鬼看護婦さん。
゚・゚*・(゚д゚(☆○=(゚◇゜*)oアイノオチュウシャ!
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
loveup!01.jpg

このゲームの必殺技は、出し放題な上に
発動中は無敵と言って良いため、
CPUの神反応は昔のACの格ゲーを彷彿とさせる。
はっきり言って、リーチの短いミニマム級ではどうにもならない。
初回でノーマル難易度は危険。

意外なことにカメラアングルは豊富で選択可能なので、
視点に悩まされることはない。
そしてわりとキャラが打たれ強く、
ラウンド数が長引くのは賛否あるだろうけど
1Rで終わる試合は現実ではそれほど無いし、俺は嫌いじゃないかな。

loveup!02.jpg

それと倒れ方のバリエーションが豊富で良いね。
後ろに3、4歩よろけて斜めに倒れたり、カウンターボディに喰らって
膝から前のめりに崩れるとこなんかが妙にリアル。
さすがTHEボクシングの流…(ry

loveup!03.jpg

水着やバニースーツなどのコスチュームもあり、
それぞれのキャラに合ったコスプレが用意されている。
理保の牛と麗子先生の蜂はもうダイレクト過ぎだろww

loveup!04.jpg

余談だが本作のキャラは理保と、みすず以外は高飛車で強気な性格。
ちなみに俺の気に入ってるキャラは広瀬香織。
ミニマム級の女子高生で「チョ~ウザいンだけど~」なキャラ。
設定はかなりリアルで、地方から都内の高校に通うようになって
カラオケやクラブ通いになり学業が疎かになり赤点もしばしば。
クラブで見かけた男性と付き合っている駄目な女子高生度全開w
てか、色々な意味で同階級のみすずの当て馬にされてるっぽい。

香織はミニマム級故にリーチが短く、
CPU思考が最弱なため楽勝できるだろう。
ラッシュをかけてボコボコにしよう、ビッチにめり込む俺の拳!!
(いやほんとに好きですよ)

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
3
3
3
60
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

キノの旅 -the Beautiful World-

2012.09.22 (Sat)
kino00.jpg

「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい」
キノという旅人のボクっ娘が様々な国に立ち寄っての前ふりや、
後日談を経験するという内容のノベルADV。

キノの物語というよりは、キノが見る人間達の儚さって感じかな。
旅にも色々あるけれど、知らない土地に行くような、
ワクワクするような旅ではなく、教訓を知るような旅。
また、キノ自体がかなりの現実主義者で典型的な現代人って印象。
なんか受け答えや人に対する反応が淡白で、
会社での俺そのまんまだから感情移入を通り越し、少し萎えた…
まぁ俺は銃の名手でもないし、外見的魅力も無いけどな。

エルメスというモトラド(注・二輪車w)が相棒で、
こいつが普通にしゃべるんだが、
世界観からすると別に珍しい物でも驚くほどの物でもないようだ。
ドラえもんみたいな存在かな。

話は大まかに分けると3つで、数話のショートシナリオを含む。
ギャグから理不尽な話まで幅が広い。
キノの視点と、別の旅人の視点で話は進められていき、
シナリオは違っても意外な所で共通点があったりして面白い。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
kino01.jpg
<タグ>黒星紅白 素顔 画像
「病気の国」
衛生管理技術に特化している国で、街並みも発展している。
この国の外で暮らしている人間はそれだけで評価され、
旅人であるキノも国民から敬意の眼差しを送られる。
自然を生業とする農業なども特権階級にあたり、
ホテルのオーナーの病気を患った一人娘イナーシャと
農業をするために特権階級を得て、
家族と共に夢を叶えるために外の世界に向かった少年の文通の話。

kino02.jpg

「機械人形の話」
旅の目的地であった谷底の国は存在せず、
あるのは木々に囲まれた珍しい作りの一軒家。
そこには住むのは3人の家族と、
自らを機械人形と名乗るメイドの老婆だった。
キノはこの家族と老婆の奇妙な行動と、
湖に水没した街に興味を覚える。
後に別の旅人がこの屋敷を訪れ、あっても無くてもいいような
探索パートと4X4スライドパズル(懐かしいw)を攻略する。

kino03.jpg

「優しい国」
キノが訪れる未来の話と、別の旅人が訪れる過去の話で描かれる。
この国の過去バージョンの住民達は、
傲慢かつ陰険なメンヘラ集団で結構鬱になるぞw
唯一、良心的な少女さくらを尻目に旅人は別の国に向かう。
キノがこの国を訪れる未来の話では
住民達の態度は一変しており、
キノは腰の低くなった住民達にとある依頼をされることになる。

サモンナイトシリーズでお馴染みのライトなイラストと
モトラドが冗談を話すなどポップな印象を受けるが、
物語の内容はシビアでややダーク。
そしてこのゲームと言うより、原作自体に言えるんだろうが、
良くも悪くもキノ達の行動が主題じゃないから
そこが評価の分かれ目か。

結構メッセージ性が強いからプレイし終わって、
何も感じなかったってのはまず無いとは思うけど。
(卑怯者の国は直球すぎてつまらなかったがw)
推理小説のように謎を紐解く話が多く、ドキドキさせられた。
日本昔話や世界名作劇場のバッドエンド寄りな話を思い出させる。
人によっては軽く鬱になるから注意が必要かも。

kino04.jpg

ちなみに、キノやエルメスとの相性を診断できるモードがあり
各々ランダムに出題される選択に三択で答える。
素の自分(ひきこもり)で選択→58パーセント。
キノに喜ばれそうな答えを選択→67パーセント。
キノに嫌われそうな答えを選択→52パーセント。
どれも微妙な数値止まりだった。
善悪にとらわれず、感情を表に出さない奴はメチャクチャ難しい。
原作を読み尽くした人なら相性100パーセントいくのか、これ??

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
4
3
3
3
62
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

最近になって発達障害だと気づいた

2012.09.15 (Sat)
ただ今の俺の気分予報をお伝えしますと最悪です。
支離滅裂かつ、暗い内容の記事に注意してお読み下さい。
なんかこう書くといつも文章が支離滅裂だから
常に最悪の状態なのだと勘違いされそうだ。
とにかく、俺はブログではなるべく真実を伝えたいんだ。
自分の考え方は勿論、天才だとかな。

つい先ほどの出来事だが、両親の発言に無性にイラついて
リビングのドアを壊れそうなくらい勢いよく閉め、
自室に閉じこもるという失態を犯してしまった。
まぁ、たまにあるから親も「またか…」と呆れているだろうけど。
精神力を鍛えなきゃいかんね。
そうならないように心を強くしないといけない。
普段はちゃんと振る舞うように心がけてんだけど
ついつい、将来の話になるとこういうことになってしまう。

今のような状態だと、コメント欄を伏せといてナンだが、
ぶっちゃけ共感が欲しいと思う時がある。
社会で戦う孤独な男達にしか分からないようなね。
(ちなみに俺はホモではないです)
傷の舐め合いと言われようが、俺は北風より太陽がほしいね。
北風は浴び過ぎてもう何の効果も無いし。

俺の存在価値を見出せるネットも冷たい言葉ばかりだし、
「誰からも必要とされていない」とかはずっと思ってるね。
逆に誰かが温かい言葉と手を差し伸べてくれたなら
「生きていたい」とか思うかもしれないけど。
結局はそんな人はいない。
いや、いたとしても俺の前には現れない。
世界が目まぐるしく移り変わっても、
お笑い芸人がパッと出てはパッと消えていっても、
国民的アイドルだった有名人が犯罪者のような扱いになっても、
俺はこれからも変わらないんじゃないかと思う。

ただ、あくまで難しいってだけで不可能ってわけじゃない。
どんな難しいゲームも何度も挑戦を積み重ねれば
いずれはクリアできるように。
今こうなってる時点でかなりメンタルが弱いんだろうが
「人並み」と言われるくらいにはなりたい。
反省すべき点から目を背けるのはやめて、
小さいことから確実に直せる(治せる)ようにしていきたい。

サイキックフォース

2012.09.09 (Sun)
pf00.jpg

結界に囲まれた空間を自由に飛び回り、
各々の属性の超能力技を放つ3D格闘ゲーム…?
遠距離攻撃が主体で広範囲攻撃や設置技まであり、
一見、格ゲーに見えるがSTG要素もあったりと実にタイトーっぽい。
ほんとこれは一体どのジャンルに枠組みされるのだろう?
本作は、ふわふわサイキックバトルでどうかな?(死)
…思えばこの頃からゲーム独自のジャンルが増えてきた気がする。
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
pf01.jpg

相手がこちらの求めるように動かすよう立ち回るのが基本。
例えば、あえて隙を作り、相手の強ショットを誘発させて
それを避けてクイックダッシュからコンボ、とか。
戦略の幅が広いため、分かってる者同士で対戦すると
読み合いの心理戦が繰り広げられて熱いのだが
傍から眺めていると「両者フラフラ遊んどるのか」と、
消極的で煮え切らない戦いに見えてしまうのが悲しい。

pf02.jpg

難易度は高めで3~4人目から、いきなり辛くなったと感じると思う。
CPUは反応型なので、クイックダッシュ1回分の距離でバリアガード。
ダッシュしてきた瞬間にノーマルガードに切り換え
バリアブレイクをノーマルガードして、後はお好きなコンボor投げで。

初代はキャラ間の性能にほとんど差がなかったというか、
むしろ区別化が出来ていなかったから、
上手い人が使えば誰でも強い感じだったような気がするね。
独特なゲームってこともあり、これが万能って言うキャラがいない。
ウォンは虚空の幻影からの俊敏な投げ技が強力で、
ゲイツは殴りコンボとノーマルショットの性能で一歩抜き出た印象。

pf03.jpg

ちなみに俺の使用キャラはエミリオだよ、エミリオ。
おっと、勘違いするなよ?
ゲーセンで初プレイ時は内気な美少女だと思ってたからな。
なんか二次創作スレとかで腐女子の恰好の餌食になってて泣けた。

エミリオで結界張りまくって逃げまくって、
レーザー撃ちまくりプレイが囲碁のようで楽しい。
後のヒカルの碁である。

pf04.jpg

ドラゴンボールは今でこそスパーキングシリーズで完成されてるけど
当時はドラゴンボールのやりたかった方向性って、
サイキックフォースそのものだったんじゃないかなと。
キャラが空中を360°漂い、派手なエフェクトによる
遠距離攻撃で相手をぶっ放すってね。
似た類のゲームは無い上に、今作れば普通に遊ばれそうなのになぁ。
最新のグラフィックであの戦闘は熱いだろ!

pf05.jpg

勝利後、ことわざや四文字熟語を教えてくれるウォン先生。
昔、サイキックフォースの公式資料集を立ち読みしたら、
ウォンは実の母親が恋人だったと言うトンデモ設定があったんだけど
ネットにそういう情報がねぇ、、、俺の妄想??
…いやいや、ほんとにあったんだって!
俺は断じて危ない人じゃない、信じてくれ~!!
とにかく今年中にサイキックフォース2012のレビューはやりたいね。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
4
4
4
75
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)

ソンソン

2012.09.02 (Sun)
sonson00.jpg

西遊記を題材とした2人同時プレイ可能な、強制横スクロール…
…ACTなのかSTGなのか微妙なゲーム。
孫悟空のソンソンと、猪八戒のトントンが
大魔神にさらわれた三蔵法師達を救うべく、天竺を目指す。
確かに大魔神と戦い、天竺にたどり着けるのだが、
三蔵法師達は一切登場しない(シャーロック・ホームズのクソゲー?)
<タグ>ゲームレビュー 評価 攻略
sonson01.jpg
<タグ>sonson 無料
見た目相応のシンプルで直感的な操作。
射程の短い球(気弾?)みたいなのを飛ばし、敵を撃破。
6階層になっている地形を上下ジャンプで進行ルートを変えつつ進む。
多くの敵が突進系なのだが、1秒後には敵が画面を覆い尽くすなど
当時のゲームに漏れない難易度の高さとなっている。

この時代のゲームは協力プレイが仲間割れになりがちだったが
配管工のマリオブラザーズやアイスクライマーと違い、
敵は多勢に無勢なので、仲間割れなどしている暇は無いだろう。
さらに魂斗羅とも違い、固まって攻略するゲームではないので
本作を友情破壊ゲーに挙げる人は実際やってないと思う。
むしろ絆ゲー。
…あ、でもキャラやられると觔斗雲に乗って
無敵状態で登場するんだけど
「さっさと降りて戦え!」ってのはあった気がする。

sonson02.jpg

しっかし、FCのマリオシリーズもそうだけど、
この頃のドットは本当に美しい。
そしてやたら食べ物にこだわりを感じさせる内容だ。
一撃死なので食って回復とかはしないがw

俺は当時このゲームを持ってなかったから友達の家で遊んだんだけど
友達のソンソンの所持率は高かった気がする。
冗談ではなく、スーパーマリオ並みの知名度だったと思う。
そんでもって、俺はもちろん誰もクリア出来なかった。
て言うか他のゲームの合間にプレイする感じだったかなぁ…
でもそれを言ったら、FCの半分くらいのゲームに当てはまるかな。
今とは比べ物にならないくらいクソゲーがひしめいていた頃に
普通に遊べる良いゲームだったとは思うけどね。

グラフィック
音楽
システム
熱中度
満足度
総合評価
3
3
3
2
3
55
(※グラフィックと音楽の評価はハードにより異なります)
 | HOME |